フリーランスのライターとして独立したのを機に移り住んだ大田区。五反田から蒲田へと、ぐるりと弧を描く東急池上線沿いには、昔ながらの下町の素朴さが色濃く残った街が集まっている。

仕事柄、日々いろいろな場所へ取材へ出かけるので都営浅草線も使えるのは便利。締め切りに追われ、つい生活が不規則になりがちだけど、朝の時間をのんびりと過ごすのがたまの楽しみだ。

通勤ラッシュが落ち着いた電車に乗り込んでもいいし、晴れた日なら自転車も気持ちいい。徹夜明けの朝、早起きした朝、取材に向かう前。お気に入りの場所に足を運べば、それだけで素敵な1日になりそう。

おはよう、さぁ出かけよう。朝風呂、お散歩、モーニング。今朝は、どこに行こうかな。

これまでのうわさ