【満員御礼】まだ知らない街を探すZINEワークショップ 品川宿編|京急創立120周年

「写ルンです」をもって街を歩き、街の魅力が伝わるオリジナルZINEを作ります

2017年11月12日(日)にワークショップを開催しました。当日のレポートを公開しています。ぜひご覧ください。

2020東京オリンピック、リニア開通など、今後大規模な開発が予定されている品川エリア。今私たちが知っている品川の風景が変わる前に、品川の風景をZINEにまとめるワークショップを開催しました。

—————————————————————————

まだ知らない街を探すZINEワークショップ 品川宿編|京急創立120周年

【イベント概要】

■日時:11月12日(日)10:00-15:45 (受付開始9:45/スタート10:00)
■場所:レンタルスペース松本 (東京都品川区北品川2-19-4)
■アクセス:京急線「新馬場」駅北口より徒歩1分
■タイムテーブル:
10:00 ワークショップスタート
10:30 撮影開始
12:30 お昼休憩
13:30 編集作業
14:30 発表・まとめ
15:45 終了予定
■参加費:3,000円(「写ルンです」代、現像代、美味しい地元のお弁当代、飲み物代)
■定員 :12名
■持ち物:スマホ(「写ルンです」は当日配布いたします。)
※雨天時でも開催いたします。雨の日にしか見つけられない発見をしましょう。
※チケットキャンセルは受け付けませんのでご了承下さい。

【募集終了】ワークショップのお申込みはこちら

—————————————————————————

今回の舞台は、「品川宿」です。
品川駅から赤い京急線に乗って1駅。駅を降りるとそこには、近代的な品川駅前とは対照的に、ちょっとほっとする落ち着いた空気が流れる商店街があります。今回、歩くこの品川宿は、江戸時代に日本橋から京都の三条大橋までを繋ぐ東海道に栄えた宿場町のひとつです。近代的な品川駅の隣駅にも関わらず、昔の名残が感じられる街でワークショップを行います。

【イベント会場】

明治時代に建築された店舗兼住居。戦前は酒屋さん、戦後はもつ煮込みが名物の居酒屋さん。2016年、古民家の趣そのままに京急新馬場商店街振興組合がレンタルスペースにリノベーション。時代に合わせて役割を変えてきた「レンタルスペース松本」でワークショップを開催します。

【前回の街歩きワークショップの様子】

▲みんなでテーブルを囲んで自己紹介

▲その街の「味」を知ることも、街歩きの醍醐味です

▲街で切り取った表情をみんなで共有

【ワークショップで作るZINEの参考例】

※ZINEのレイアウトは当日変更される可能性があります。

本企画は、京急創立120周年を記念して、京急電鉄株式会社と実施する連載企画です。
「品川」を起点に、京急沿線の街をhalettoで特集していきます。

【品川】変わる風景と変わらない風景 ― 旧東海道「品川宿」を歩く|京急創立120周年

まだ知らない街を探すZINEワークショップ 品川宿編|京急創立120周年

 

イベントは終了しました。当日のレポートを公開しています。ぜひご覧ください。

日  時:2017年11月12日(日) 10:00-15:45  ※9:45より受付開始

場  所:レンタルスペース松本 (東京都品川区北品川2-19-4)

アクセス:京急線「新馬場」駅北口より徒歩1分

参  加 費:3,000円(「写ルンです」代、現像代、美味しい地元のお弁当代、飲み物代)

定  員:12名

持  ち 物:スマホ(「写ルンです」は当日配布いたします。)

 

◆タイムテーブル
10:00 ワークショップスタート
10:30 撮影開始
12:30 お昼休憩
13:30 編集作業
14:30 発表・まとめ
15:45 終了予定

 

※雨天時でも開催いたします。雨の日にしか見つけられない発見をしましょう。

※チケットキャンセルは受け付けませんのでご了承下さい。

【募集終了】ワークショップのお申込みはこちら

 

主催:株式会社CHINTAI haletto編集部

特別協賛:京浜急行電鉄株式会社

協力:わ!しながわ魅力発信事業

気になるコラム