秋の訪れはすぐそばに。「柿食えば、鐘が鳴るなり法隆寺」

記事画像

【旅ブログキュレーションメディア HUGLOG(ハグログ)より寄稿】 お休みをもらって、卒論を発表しに奈良県へ学会に行ってきました。 奈良県も初めてだけど、京都とか大阪も行ったことがなかったので関西に行くことが初めてでした。観光できる時間は少なかったですが、行ってみたかった法隆寺へ。 お天気は雨ばっかりで、あまり良いとは言えませんでしたがとっても神秘的で静かな場所でした。 櫛田てつ之扶:斑鳩の空 法隆寺は、斑鳩町にあると聞いた瞬間この曲が思い浮かんだんですがやっぱりここの地名に由来するものでした。 奈良県なんて、せんとくんしか知らない人が語れる話なんてないんですが(笑)法隆寺は教科書ではよく目にした場所です。 五重塔 世界最古の割には・・・って失礼な話ですがとっても素晴らしい造りに感動しました。 秋になる手前のこの季節、木造のお寺と周りの木々の色が綺麗に調和していました。 法隆寺の拝観料は1000円とちょっとお高めですがとっても広いので、色んな建造物や博物館もあるんです。修学旅行の人気スポットである理由がわかります。 広いと迷ってしまいそうですが、お寺には作務衣を着た方達が誘導してくれるので一人観光でも心配いりませんでした。関西の人って優しいんですね。 東京の人が冷たいとは思わないけど、ちょっとおせっかいな親切さに久しぶりに触れたような気がします。 秋を思わせる景色もちらほらと 「お姉さん、まだ時間あるんやったらここまっすぐ行ったところにあるお寺さん登ってみい」とお寺のおじいさんが話しかけてくれました。「柿食えば 鐘が鳴るなり法隆寺って有名やろ?あの鐘が4時になったら鳴るさかい、はよぉ行きなはれ」だって(笑)正岡子規のその詩だけは歴史に疎い私も知ってるー!(常識w)まだ時間あるしちょうどもうすぐ16時になるところだったので、行ってみました。 「なかなか前に進みまへんな~。4時までには行きなさいよ」あ、さっきのおじいちゃんww「はーい、行きます~」こんなやりとりが楽しいんですよね ちょっとした高台になってる場所。16時に4回、鐘が鳴るらしい。 これか!鳴らす方は、時計を何回もチェックしながら正確な時間に鐘を打っていました。近くで聴くととってもびっくりするくらい大きな音です。除夜の鐘より響いてた! 一生来るか来ないかって思ってたけど(笑)来てみて良かったです。この海外の寺院にはない、静けさと厳かさが日本の慎ましさを表している感じがしてとっても素敵でした。ちなみに東大寺の奈良の大仏にも行ったのですが、カメラを持ち合わせておらず・・・。惜しかったです。 [寄稿者:ぱんだ] このブロガーの記事一覧をHUGLOG(ハグログ)でみる→http://huglog.jp/author/panda/

もっと続きを読む