【ブーム調査隊】コンビニの「カット野菜」ここまで進化していた! 野菜不足必見のヘルシーランチ

記事画像

最近、野菜を食べていますか? 8月31日は「831(ヤサイ)」の語呂あわせから「野菜の日」に制定されています。成人1日あたりの野菜摂取目標(厚生労働省)は「350グラム以上」ですが、忙しい現代人は不足になりがち。八百屋さんで買うと分量が多かったりすることもあって、いまコンビニで気軽に買える「カット野菜」が注目されています。 ローソンは「土からこだわる」最低3年が必要 カゴメが全国の女性1200人に行ったアンケートによると、約7割が2014年夏、野菜を十分食べていないと回答。また「十分だと思う」(5.3%)と答えたうち、42.7%が「あまり摂取できていない」「ほとんど摂取できていない」と答えています。 野菜を摂取する習慣がないなか、重宝されているのがカット野菜。レタスを1玉買うとなると「余りそうだなぁ」と不安になりますが、カットレタスなら一度で使い切れます。このカット野菜をめぐって、いまコンビニ各社がしのぎを削っています。 ローソンは「中嶋農法」で育てたカット野菜を、関東・甲信越地方で販売。「土からこだわった中嶋農法のカットレタス」や「土からこだわった中嶋農法のキャベツ千切り」(どちらも121円、税込)の名前どおり、土を重視して育てられました。 「中嶋農法」とは中嶋常允氏が考案したミネラル農法です。土壌の健康診断を行い、診断書をもとに必要な養分を把握。土のミネラルバランスを整えることで、野菜の品質と生産量の向上を目指します。 中嶋農法の認定を受けるには、土づくりから最低3年が必要です。そのためローソンは、認定を目指す生産者を「ミネラル栽培友の会」としてグループ化。関東・甲信越以外の全国(一部店舗を除く)でも、2014年8月までに「友の会」がミネラル栽培した「カットレタス」や「キャベツ千切り」(どちらも111円)が手に入るようになりました。 「洗わずに食べられる」が合言葉 ローソンが「育て方」にこだわっているのに対して、ファミリーマートは「鮮度」で勝負しています。2014年3月から、パッケージを「P-プラス」というフィルムを使ったものにリニューアル。ミクロの穴をあけることで、酸素の透過性や二酸化炭素の排出しやすさを高め、野菜の美味しさや新鮮さが長く続くパッケージです。 セブン‐イレブンの「セブンプレミアム」もふくめて、コンビニ大手3社のカット野菜は「洗わなくても食べられる」のが特徴です。工場で洗浄しているとなると、心配なのは「栄養素が流されてしまっているのでは?」ということ。しかし、工場での水洗いでの影響は、思ったより少ないようです。 ネットメディアのJ-CASTニュース(2014年5月4日付)は、カット野菜製造大手のサラダクラブに取材。同社はビタミンCやカリウムが流出する可能性はあるとしながら、「研究所で残存率を調べたところ、栄養素が著しく損なわれることはありませんでした」といい、家庭で再度洗わずに「袋から出してそのまま食べてほしい」と話しています。 包丁いらずで、洗わなくていい。味付けもドレッシングを入れて、シェイクするだけでOK。袋をそのまま「パーティー開け」すれば、お皿もいりません。いつものランチにプラスしたり、おやつやおつまみにしたり、カット野菜の「かんたんサラダ」を試してみてはいかがでしょうか。<東京バーゲンマニア>

もっと続きを読む