体をいたわる料理が食べられる鷺ノ宮の「和かふぇ つゆくさ」

記事画像

オーガニックなメニューを中心とした、体にやさしい料理やドリンクで人気の「和かふぇ つゆくさ」。健康的でおいしいものを食べて、毎日の食事を見直すきっかけにしてみましょう。 西武新宿線の鷺ノ宮駅北口から北へ徒歩2分。丁字路の突き当たりに、「和かふぇ つゆくさ」があります。お店のオープンは2011年6月。会社員だった女性オーナーの柴田さんが一念発起して開いた、おもてなしに溢れた小さなカフェです。 料理に使われる食材は、なるべくオーガニックなもの。調味料も日本各地から、気になるこだわりのものをセレクトして使っています。白砂糖、卵、乳製品、そして動物性のものも使わないようにしているので、ベジタリアンの方でも安心していただくことができるそうです。 ほかにも素材の風味を生かすために、味付けは抑え目に。手の込んだ複雑な味にならないよう、シンプルにしています。 季節の野菜や無農薬の玄米を使った、おすすめの「つゆくさごはん」は、疲れた体を整えてくれる、滋味深い一膳。体の不調に気づいても、忙しくてなかなか体をいたわれない一人暮らしの方も、ここで食事をすれば、体調を取り戻すきっかけがつかめそうです。 この日の献立も、車麩のステーキ玉ねぎ添え、なすとトマトのマリネ、じゃがいもととうもろこしのサラダ、ピーマンかけポン、自家製ぬかづけなど、素朴で体にやさしいメニューでした。油を使った料理が多くならないように、献立のバランスに気をつけているそうです。 スイーツは日替わりで、焼き菓子や和菓子を用意してあります。 この日の「小豆の米粉けえき」は、ホクホクしてほんのり甘い小豆があとをひく、ハーブティーにぴったりの味わいでした。 ほかにも自家製の「白玉ぜんざい」、「しょうゆ焼きだんご」など、和を感じさせるメニューが揃います。 ユニークなドリンクメニューも、オーガニックなものばかり。 さっぱりとして夏にぴったりの「アイスゲンマイティー」をはじめ、体がじんわり温まる「オーガニックジンジャーエール」、「ほうじ茶のカプチーノ」など、気になるメニューをオーダーしてみましょう。 夏バテで食欲不振になりがちなこの季節。体を少しほっとさせたいときには、つゆくさでほっこりランチ休憩がおすすめですよ。

もっと続きを読む