パイオニアがフラッグシップAVアンプ「SC-LX88」「SC-LX78」発売

記事画像

パイオニアは、同社AVアンプ最の上位モデルとなるSC-LX88、SC-LX78を、9月下旬に発売する。話題の新しいサラウンドフォーマットDolby Atmos(ファームウエアアップデートによる)や4K/60p信号伝送のHDMI2.0規格への対応などの最新フィーチャーの搭載はもちろん、音質や機能をさらに強化を行っている。価格は、SC-LX88が335,000円、SC-LX78が250,000円。 SC-LX88は9ch同時出力トータル810W、SC-LX78は770Wのハイパワーアンプを搭載。4Ω~16Ωのスピーカーに幅広く対応し、十分なドライブを可能にするとしている。“ダイレクトエナジーHDアンプ”と呼ぶこのアンプは、半導体チップを基板に直接接合させる独自構造のパワー素子Direct Power FETで高速応答とハイパワーの獲得を図るが、出力段を従来の1素子構成から、アナログ小信号を処理するオペアンプICと大電力を扱うドライバーICに分けて最適化を行い、高音質化やレスポンスの向上を行っている。また、専門メーカーのルビコン社と共同開発したPML MUコンデンサーや新日本無線社のOPアンプなどを投入する。  デジタル回路系では、DACチップにESSテクノロジーES9016Sの採用は下位モデルなどと同じだが、LX88/LX78ではこれを2基使い、さらに専用DAC基板を設けOPアンプを等距離で配置して高品位化。アナログ回路系では、デジタル、アナログ、パワーの各部の電源供給の独立やグラウンドの一点アースして、ノイズの低減も行っている。さらにLX88では、磁束ノイズの範囲を縮小し回路への影響を抑えた電源トランスも搭載する。 機能面では、周波数、音圧レベル、さらに時間軸を要素に加えて視聴環境の音場補正を行うMCACC Proでは、新たにデュアルサブウーファーEQ補正を追加。MCACC機能で特徴的なスピーカーユニット間の位相をそろえるフルバンドフェイズコントロールやソースに由来する低音の位相ズレを補正するオートフェーズコントロールプラスなどに加えて、低域の微調整を行うことで、より自然で高品位な音場再現が可能になったとしている。 ネットワーク/PCオーディオ機能も強化。SC-LX88には、USB DAC機能を搭載。DSD2.8MHzと192kHz/32bitのハイレゾ音源の再生が楽しめる。もちろん2機種ともにネットワーク機能も充実しており、DSD5.6MHzやPCM192kHz/24bitのファイル再生に加えて、FLACとWAVのマルチチャンネルコンテンツにも対応し、マルチチャンネルアンプ機能をフルに生かすことができる。iPhone/iPadやPCのiTunesのコンテンツをワイヤレスで再生するAirPlay、Android端末の動画、マルチ音声を、LX88/LX78と接続したテレビで楽しめるMHL2.0対応端子を装備する。もちろん、vTunerを通してインターネットラジオを聴くことも可能だ。 ■リンク パイオニア・ホームページ http://pioneer.jp/ -

もっと続きを読む