働く女性が知っておきたい 妊娠・出産・育児の制度

記事画像

働く女性を応援する制度はさまざまありますが、どうしたら利用できるかなど、分からないことは意外と多いのでは。Woman Careerが「妊娠・出産・育児」についての制度をまとめました。 妊娠中 心身ともにデリケートな時期。さまざまな制度を体調に応じて活用しましょう。 妊婦健診に使える「通院休暇」 母性健康管理指導事項連絡カードとは? 通勤ストレスは「差・短・変」で和らげて 主治医の指導で休憩をプラス 妊娠中だから働き方も変えて 妊娠を理由に退職を迫られたら… 産前・産後 安心して出産するために、利用できる制度を確認しておくことも大切です。 労働基準法で守られている産休 出産手当金の対象期間ともらえる額は? 出産育児一時金の手続きのしかたは? 2014年4月から産休中の保険料が免除に! 産後の体を守る「母性健康管理措置」 産休を理由とした解雇は無効 育児と仕事の両立 育児支援制度を利用して、自分らしいワークライフバランスをかなえましょう。 勤務中の育児時間は最長1時間 誕生から満1歳まで取れる育児休業 育児休業給付金とは? 3歳までの子育ては「短時間勤務制度」で 子どもが病気、その時どうする!? 育休が理由の解雇には「NO!」 トラブル解決をバックアップする「紛争解決援助制度」

もっと続きを読む