25歳で会社を辞め、モノづくりの道へ。若き陶磁器作家の生きる道

記事画像

「皆川明さんがかけて下さった言葉に背中をポンッと押された気がしました」こんにちは、箱庭特派員のmayaです。 さて今回も引き続き、陶磁器作家の塚崎愛さんのお話です。今回はインタビュー形式で、めぐみさんの「会いたい人」「これからのこと」について聞きました。 ーモノづくりのインスピレーション源は何ですか?「色んなクリエイターさんの作品を色々見るのも好きなんですが作品そのものというよりも、その作品を見たときの気持ちを大事にしています。誰かが私の作品を見てくれたとき、私自信が誰かの作品を見て感じた"あ、いいな"に近ければいいなって。だから、そう感じてもらえるものをイメージして作品を作るようにしていますね」ー好きなクリエイターさんはいますか?「そういう点では、皆川明さん。高校生の頃、雑誌『装苑』で初めて皆川さんの作品を見たんですがその時受けた衝撃がもう、すごく大きくて!私は「これがずっと好き」というものがあまりないんですが皆川さんが手掛けるミナペルホネンのプロダクトはずっと好き。 だから、私があの頃、皆川さんの作品を見た瞬間のワクワクするような感情と空気感は、今も大切にしてます。あと、作品づくりで大事にしていることは"落ち着けること"。以前SICFの運営スタッフをやった時、ある写真家さんの作品を見て何だかすごく落ち着けたんです。"ふぅ"と一息つけるというか。自分の作品も見た人が一息つけるようなものでありたいなと」ー今後やってみたいことや目標を教えてください! 「夢は2つ。1つ目は、皆川明さんといつか仕事でご一緒すること。いつそんな機会が巡ってくるかわからないし巡ってこないかもしれない。でも、口に出すと叶うって昔からよく言うじゃないですか。言うのはタダですからね、こういうのは言ったもの勝ちです(笑)実は、私が初めての展示イベントに参加した際ちょうどその会場に皆川さんがいらっしゃっていて「作品を見てもらえませんか?」とお願いしたこともあります。それから後日、別の機会で再度皆川さんにお会いした際に『私は美大出身ではないし、会社員を辞めてこの世界に入ったばかり。周囲の作家さんに比べて随分と遠回りしました』と言ったら"それは、遠回りじゃないんですよ"という言葉が返ってきまして。皆川さん自身、学校を卒業した後、27歳で立ち上げたブランドが成長するまで魚市場でアルバイトをしていた時期があるんですって。あの皆川さんにもそんな歴史があったんだと、励まされましたね。引け目を感じず自信を持ちなさいと、背中を押された気がしました」 「もう1つの夢は...森山直太朗さんとコラボすること!森山さんの空気感や世界観がとっても好きでいつか彼のライブや舞台演出的なことができたら幸せだなぁと...ミーハーですか(笑)?でも、どっちも本気ですよ!」ーモノづくりをしていて、一番嬉しい瞬間は?「一番ワクワクするのは、作品が思った通りに出来た瞬間でしょうか。窯を開けてみないと出来上がりがわからないので、満足できた時は「いいじゃん」と思わず声が出ます。声が出た時っていうのは感覚的に満足できた時。だから、逆に声が出ない時はどこかで納得できていない。狙い通りに完成することは少ないけど、でもその分可能性も無限大です。 焼き上がった後、期待していなかったし予定とは違うけど、すごくいい!と思えるような仕上がりになることだってあるんですよ。まさに"蓋を開けてみないとわからない"っていう言葉そのもの。それが陶磁器のおもしろさでもあるんですけどね。あとは、作品を展示して色んな人に見てもらえる時ですね。毎回さまざまな出会いがあるし、刺激をもらえます。気になる場所に積極的に飛び込む。行動を起こせば何かが始まる。このことを日々リアルに実感できているのでこれからも展示は続けていきたいと思っています。何でも"人と人とのつながり"だなと最近よく思います。こうやってmayaちゃんが今我が家に来てくれているのも不思議な縁がキッカケでつながったからだし...森山直太朗さんともどこかでつながれる気がしてきました(笑)」これから注目の陶磁器作家、塚崎愛さん。気さくで柔らかく、話していてなぜかホッとする不思議な空気感。そんな人柄が人を惹きつける魅力なんだろうなぁとしみじみ。愛さんの作品は、そんな愛さん自身ととても似ている気がします。~おまけ~この2週間後、愛さんとお仲間(私をつなげてくれた友人でもあります)の集まりにちゃっかり私も参加しちゃいました(笑)そこでまた、色んなつながりやおもしろい出会いがあったりしてやっぱり「人と人とのつながり」って大事だなぁと実感したのでした。塚崎愛オフィシャルWEBサイト※来月千駄木のギャラリーで展示イベントを開催!【イベント名】HACOTEN【開催場所】ギャラリーKINGYO【住所】東京都文京区千駄木2-49-10(株)SD602【日時】8/26(火)~9/4(木)12:00-19:00(金曜は20:00まで/最終日は17:00終了)【休廊日】9/1(月)◆箱庭キュレーターmaya | mayanoue no okra 

もっと続きを読む