涼~!京都貴船「川床(かわどこ)」夏の旅

記事画像

夏の京都、涼のおもてなし「川床」 こんにちは!箱庭キュレーターのナナエです。  連日、暑い日が続きますね。 そんな暑さに少しの涼を☆ 夏の京都の風物詩、川床(かわどこ)のレポートをお届けします。 私は昨年初めて体験したのですが、それはまさしく「涼のおもてなし」。今でも思い出すと、ひんやり心地よい風が吹いてくる気がします。  川床とは? 川床とは、水面や河原に張り出した床の上で、夏らしい料理を楽しむ京都の夏の風物詩のひとつ。 鴨川、貴船、高雄などで5月から9月に行われています。 一般的に、鴨川のものは、納涼床(のうりょうゆか・のうりょうどこ)もしくは川床(ゆか)と呼ばれ、 貴船、高雄のものは、川床(かわどこ)と呼ばれているのだそう。 今回は、イメージ通りの「ザ・川床」がいいなということで、貴船の川床に決定! いざ、貴船の川床へ京都駅から地下鉄と叡山鉄道を乗り継いで、約50分。「貴船口」駅に到着。 そこから、送迎バスに揺られて「ひろ文」さんへ。 お店ののれんをくぐると・・・ 涼~。溢れる緑と川の音。音をお伝えできないのがもどかしい! 川の音と吹き抜ける風がなんとも涼しく心地よいのです。夏の京料理に舌鼓川床では、目にも鮮やかな夏の京料理を満喫。 コース以外では、流しそうめんも!  涼しい風と音を聴きながらの食事は、想像以上。 とっても贅沢な夏のひとときでした。 川床のあとは、貴船・鞍馬を散策川床で大満足したあとは、「京都の奥座敷」とも言われる貴船・鞍馬を散策。 そこでもまた、涼のおもてなしが。  まずは、川床からもすぐの貴船神社へ。 貴船神社は「水の神様」として有名で、水にちなんだ「水占みくじ」なる占いが人気。 境内の御神水に項目だけ書かれたおみくじを浮かべると・・・ 次第に占いが浮かび上がってきます。 貴船神社に行かれた際はぜひお試しあれ。 鞍馬への道中で・・・川床と貴船神社で涼を満喫したあとは、お隣の鞍馬へ。 しかし、ここでちょっと失敗。 「近道らしいよ!」と選んだ道が、険しい山道だったのです。 ハイキングというよりは、本気登山! 後で知ったのですが、その道は その昔、牛若丸こと源義経が天狗との修行で走った道なのだとか...。(納得!) そんなハプニングもあり、駆け足になってしまいましたが、 鞍馬寺もとても素晴らしく、またゆっくり行けたらなと思います。  川床、貴船神社、鞍馬寺を巡る夏の旅の終着駅、「鞍馬駅」では、風鈴が涼しい夏の音を奏でていました。  京都貴船 川床 夏の旅レポ。 少しでも涼をお届けできたらうれしいです。 今年の夏、来年の夏、京都市街からちょっと足を伸ばして、 ぜひ涼のおもてなしを体験してみてくださいね!ひろ文■住所:京都府京都市左京区鞍馬貴船町87■TEL:075-741-2147■営業時間:11:00~19:00※川床 実施期間 5月1日~9月末頃まで(要予約) 貴船神社■住所:左京区鞍馬貴船町180■TEL:075-741-2016■拝観・開館時間:6:00~20:00 ◆貴船 アクセス電車の場合:叡山電車「貴船口」が最寄り駅です。川床を実施する各店舗へは距離があるので、送迎有のお店がおすすめです。貴船神社へは「貴船口」駅から京都バスで約5分。京都駅からのアクセス詳細はこちら◆関連サイト貴船の夏 川床 | 京都観光情報 KYOTOdesign叡山電車◆箱庭キュレーターNanae Yamagishi | Twitter:@marumaru_nanae箱庭のガッコウ1期生。富山県出身。なかなか旅に出られない旅好きキュレーター。趣味は美味しいもの、おもしろいものを探して街歩き。箱庭のガッコウ卒業生とキュレーションサイト「マルマル。」を運営しています。

もっと続きを読む