「森、道、市場 2014」で出会った、アートみたいな「ひとめぼれスイーツ」

記事画像

かわいくて、おいしい。アートなお菓子を生み出す、2組のクリエーター。 箱庭キュレーターのHirominです。 5月に愛知県の海岸で行われた、中部地区最大級のマーケット+フェス「森、道、市場 2014」に行ってきました。 中部地区はもちろん、日本全国から選りすぐりの雑貨やフード、音楽が集まるこの野外イベントは、何カ月も前に入場券がSOLD OUT。中部のおしゃれ女子、大注目のイベントです。 すべてのブースをご紹介したいくらいですが、中でも心ときめくお菓子の世界観を持った2組の作家、「cineca(チネカ)」さんと「スーチェ」さんをご紹介します。 「cineca(チネカ)」...映画から生まれる、新たなものがたり。こんなお菓子、見たことない!この商品は、花やハーブを閉じ込めた標本のような砂糖菓子です。カップにお好みの量を入れて、お湯を注ぐと飴がとけて花が浮いてくるんです!ちょっと甘いハーブティーとして楽しめます。 こちらは、なんと石の形をしたラムネです! 食べてしまうのがもったいない! 「cineca(チネカ)」さんのお菓子は、映画を題材にしています。映画の世界観を超えて、新しい一本の映画を作っていくように作られます。映画ごとに別々の監督がいるように、お菓子そのものはもちろん、パッケージやWEB写真まで、それぞれが個性的で宝物のよう。 写真はなるべく毎回フォトグラファーを変え、丸一日かけて、映画を切り取ったような絵を撮影するのだそう。 石にそっくりの「a piece of」は、海・山・川の3種の味がありますが、私は「山」の生姜味を購入しました。大人の甘さで、シュワっと幻のように口で消える、極上の味でした。見た目だけでなく、味もこだわりぬかれています。型押しされた標本箱のようなパッケージは、手の中で愛でていたい心地よさでした。 ほかにも「え!これってお菓子なの!?」と驚く、美しくて不思議なお菓子がたくさんありますので、ぜひcinecaさんのホームページをご覧ください。東京を起点に活動していらっしゃいます。オンラインショップで購入できる商品もありますよー! cineca HP: http://cineca.si/ONLINE SHOP: http://cineca.theshop.jp/facebook: https://www.facebook.com/cineca.siTwitter: https://twitter.com/cineca_si 「スーチェ」...コレクションしたくなるお菓子箱。人が人を思う気持ちをつなぐ、色・形・味・香。 愛知県を中心に出展するイベントでは1時間の大行列で即完売、ネット通販もマメにチェックしていないとすぐ売り切れとなってしまう、大人気の「スーチェ」さんの焼き菓子。 包装紙デザイナーとしても活躍されている「スーチェ」さん。美味しいのはもちろんのこと、オリジナルの美しい甘味箱にもファンが多いのです。 いろんな柄があって、どの柄が来るかはお楽しみなところも、コレクション心をくすぐります。 下:引き菓子、内祝いに......。「甘味箱」 下:夏の贈り物に......。レトロなパッケージの「クッキー缶」 私も、森道市場ではすでに完売でゲットできず......。通販でお取り寄せさせていただきました。 中国語で色、形、味、香の四つの要素が揃った上出来のお茶の状態の事をスーチェ(四絶)と言うそうです。その言葉になぞらえ、 色 デザイン 形 プロダクト 味 お菓子 香 芳香療法(アロマテラピー) ......の四つの要素をふまえ、活動しているスーチェさん。 四季折々の贈答品、内祝いや結婚式の引き菓子、そして自分への贈り物に。 「人が人を思う気持ち、縁をつなぐお菓子になれば」と作られているから、箱を見て、触れた瞬間から、心躍るのでしょうね。 箱だけでなく、お菓子自体のデザインも、シンプルでかわいいんです。 スーチェHP: http://ymdy24.petit.cc/予約受付中の甘味: http://ymdy24.petit.cc/apple1/ ほかにも、素敵な出店者さんがいっぱいでした。 今年から海岸に場所を移し、開放的な空間に。来年の開催も決定したようです。 森、道、市場 http://mori-michi-ichiba.info/ ◆参照元Cinecaスーチェ森、道、市場 ◆箱庭キュレーター Hiromin  | ライター・デザイナー プログラマー・Webデザイナーののち、現在は駆け出しライター。 イラストレーション・写真・食べ歩き好きな岐阜県民で、2歳児の母。 美味しいスイーツ情報があればどこまでも!

もっと続きを読む