御茶ノ水の新レストランで日本茶尽くしの料理やスイーツを堪能!

記事画像

古くから日本で親しまれてきたお茶だけど、最近はペットボトルで売られているものを飲んじゃうし、急須でお茶を入れて湯飲みで味わうなんてことはほとんどないよね。でも、今回はそんなお茶に関するグルメ店の情報をご紹介。なんでも日本茶を飲むだけでなく、淹れる、食べるといった切り口から提案してくれるんだって! 「1899年に創業し、今年で116年目を迎えた旅館『龍名館』が創業地の御茶ノ水に8月1日(金)に、レストラン『GREEN TEA RESTAURANT 1899 OCHANOMIZU(グリーンティーレストラン 1899 御茶ノ水)』をオープンいたしました。コンセプトは『茶を食す』です。お茶を使った料理やスイーツのほか、日本茶の指導を受けた専属スタッフの『茶バリエ』が、お湯の温度管理から徹底し、茶葉それぞれに合わせて抽出時間も計算して淹れた、本格的な日本茶を楽しむことができます。約50種の湯飲み茶わんを並べた棚からお好みのものをお選びいただけるサービスもございます」と広報の濱田さん。 御茶ノ水の地名もお茶にゆかりがあるし、古くから日本人のそばにあったお茶をメニューの中心に置いてるとあって、興味津々! もっと詳しく教えて。 「お料理もスイーツも全体的に爽やかなグリーンの見た目のメニューが多く、なかでも『出汁が命の8種類のお茶漬け』は紀州南高梅、塩昆布、青紫蘇わかめ、焼き鯖、鶏そぼろ、ちりめん山椒、明太子、鮭の8種類をご用意しており、ほうじ茶を使った、鰹と昆布の合わせ出汁を注いでお召し上がりいただきます。夏バージョンの冷やし茶漬けもございますので、ぜひお試しください。また、カフェタイムにはデザートも充実しています。徳島県の大谷焼のプリン壺にいれて提供する『1899 手作りプリン抹茶蜜がけ』や、丹波産の黒豆、生クリーム、バナナ、あんこ、トマトの密漬けを乗せた『1899 米粉のもちもちパンケーキ』などが人気のメニューですよ」 お茶にフォーカスした風味豊かな味わいのスイーツやグルメがいただけるなんて、体の中から健康になれそう! 朝から晩まで中休み無くオープンしているのも働く女性には嬉しいポイントだよね。この機会にぜひ足を運んでみてはいかが? オープン日/8/1(金) 営業時間/朝食6:30~11:00、ランチ11:00~15:00、カフェ14:00~17:00、ディナー17:00~23:00 無休 予算/ディナー5000円 アクセス/JR「御茶ノ水駅」から徒歩3分 URL http://www.ryumeikan-honten.jp 【関連記事】・サザエさんや波平さんがスイーツに♪東京ソラマチ(R)の「サザエさん茶屋」・帝国ホテルのとらや10周年記念!夏の爽やかレモンティーあんみつ

もっと続きを読む