ひと足早く秋を迎えに。軽井沢で過ごすスイーツな夏休みにうっとり

記事画像

木々の間からそよぐ風が心地よい高原の避暑地、軽井沢。緑を愛でる特等席で目にも美しいスイーツに、おなかも心も満たされてみませんか。少し遅めの夏休みと、ひと足早い秋、どちらも満喫できますよ。 軽井沢といえば、歴史ある避暑地の代名詞。今をさかのぼること50年前の1964年、東京オリンピックの馬術競技の会場に選ばれたことでも知られています。 その際、大会関係者や選手団など、ヨーロッパの賓客をもてなしたのが、「ホテルブレストンコート」です。そのホテルの中庭に面した「ザ・ラウンジ」は、緑の木々に囲まれた、まさに軽井沢の特等席。この地を愛する著名人や別荘族の人たちがふらりと訪れ、ティータイムを過ごすことも少なくないといいます。 ホテル・パティシエ特製スイーツが自慢のこのラウンジで、緩やかな時間に身を任せながらデザートタイムを過ごすなら、コース仕立てのデザート「ムニュ・デセール」がおすすめ。 ウェルカムドリンクのハーブウォーターに続いて届けられるのは、焼きたての温かいマドレーヌと、ジュレやムースのヴェリエンヌを収めた藤製のバスケット。季節によって内容が変わるマドレーヌはほんわりと温かく、口どけの良いヴェリエンヌとの相性も申し分なし! 続いて、メイン料理は、フレッシュなさくらんぼと、あめ細工のさくらんぼとのコラボレーション。あめ細工のなかにはコンフィチュールが忍ばせてあり、その美しさとともに口のなかにあふれる甘酸っぱさにもうっとり。 デザートコースを締めくくるのは、軽井沢の木工作家さんがこのコースのために作った、木のオブジェにのせられたミニャルディーズ(プチデザート)。木の葉形のお皿の上に、ひと口サイズのケーキや焼き菓子、キャラメルなどが並びます。 食べてしまうのがもったいなくなるほどかわいらしいプチデザート。ひと口サイズとはいえ、ひとつひとつが完璧な仕上がり。その完成度の高さにも驚かされます。 「ムニュ・デセール」には、スパークリングからデザートワインまで、コースに合わせたワインや、ノンアルコールドリンクも組み合わせられ、まさにスイーツなフルコースをいただいている気分です。 ○「ムニュ・デセール」 3500円(税・サービス料別)  ドリンクセット プラス1500円(税・サービス料別) [提供時間]10:00~16:00 ※要予約 午後のティータイムに登場する、アフタヌーンティセットにも心ひかれます。サンドイッチ、プチデザートともに、温かいあんずのピティビエ(アーモンドクリームの焼き菓子)には冷たいバニラアイスをのせて。 午後の緩やかな時間、昼間から夕刻へ、空気の温度とともに季節も少しずつ移ろっていくのを感じながら、ゆったりと楽しむのにぴったりのメニューです。 ○「アフタヌーンティセット」3500円(税・サービス料別) [提供時間] 12:00~18:00 ※予約をおすすめ 昼間、涼やかな緑に包まれた中庭に、夜になるとキャンドルが灯され、幻想的な空間に一変。8月の金土日限定で楽しめるキャンドルナイトラウンジは、まさに大人の空間です。 メニューは、キャンドルをさらに輝かせる、その名も「スイーツの宝石箱」。モヒートなど5種類のカクテルを、ソルベやジュレ、ムースなどの美しいスイーツに見立てたメニューをよく冷えたスパークリングワインとともに味わいます。アルコールが苦手な人のためには、ノンアルコールのご用意も。 キャンドルライトが揺れる中庭で、夏の名残りと気の早い秋の気配を感じながら過ごすひととき。この夏、心に残る夜になるに違いありません。 ○「キャンドルナイトラウンジ」 開催期間:8/31までの金・土・日曜、8/13~14 提供時間:18:00~22:00(21:30L.O.) 料金:スイーツの宝石箱とスパークリングワインのセット2500円(税・サービス料別) ※スイーツのみ、ソフトドリンクのオーダーもOK

もっと続きを読む