編集者イチオシ!大人になった今、読みたい絵本5選

記事画像

寝る前に何度も読み聞かせてもらった絵本、初めて自分で読んだ絵本。 何十年も経っているのに、心にずっと残っている絵本がきっと誰にもあるはず。 朝美人公式ブログで毎朝素敵な本を紹介してくれている、編集者のまっこリ~ナさんおすすめの本の中から、 今回は、大人だからこそ心に沁みることがたくさんある「絵本」を選びました。 夏にぴったりの、少しゾクっとする作品もありますよ! 大好きな人とケンカになってしまった時、開きたい一冊 『かいじゅうたちのいるところ』のセンダックの絵本。いつも仲良しの友達と大げんかした「ぼく」。もうジェームスと口なんかきいてやるもんか、と思いつつ、相手のことが気になって仕方ありません。 誰かとけんかした時、素直になれない時におすすめです。 ◆『きみなんか だいきらいさ』 著者:ジャニス・メイ・ユードリー/イラスト:モーリス・センダック /翻訳:小玉 知子 出版社:冨山房 http://amzn.to/1sfPgxq 宮沢賢治の傑作!シュールで怖い「料理店」へようこそ 宮沢賢治を題材とした版画を彫り続け、山猫博士と呼ばれる版画家の佐藤国男さんが描く、紙芝居のようなタッチの絵本。猟師たちが迷い込んだ料理店では、いろいろな注文が突きつけられるのですが…。何年も読み継がれる絵本のシュールな世界観を楽しんで! ◆『注文の多い料理店―版画絵本宮沢賢治』 著者:宮沢 賢治/版画:佐藤 国男 出版社:子どもの未来社 http://amzn.to/XGKDzN 70年前の写真から伝わる、子ライオンのぬくもりが愛おしい 動物写真家の先駆けイーラと、『おやすみなさいおつきさま』のM・W・ブラウンの写真絵本。外の世界を見たいと檻を飛び出した子ライオン。最初に出会ったのはお日様のにおいがする犬ですが、子ライオンはなんだか眠たくなってしまいます…。眠れない夜や、一休みしたいときにぴったりの、ほっこり絵本です♪ ◆『ねむい ねむい ちいさな ライオン』 著者:マーガレット・ワイズ ブラウン/写真:イーラ 出版社:徳間書店 http://amzn.to/XGLS1W 無我夢中に何かに向かって走る少年時代を思い出す作品 夏のある日、近づく汽船の気配を感じて、海に向かって「少年」は走り出す。黒く焼けた肌に白いシャツがよく映える、南の男の子のお話です。絵を担当した沢田としきさんは日本各地に取材に行き、5年がかりでこの本を完成させたそう。光と熱気と草のにおいを感じるようなダイナミックな作品です。 ◆『みさき』 著者:内田 麟太郎/イラスト:沢田 としき 出版社:佼成出版社 http://amzn.to/1moOSFG 下半身が「エイ」の、野性的な人魚たち 『海獣の子供』『魔女』等で人気の漫画家・五十嵐大介さんの初の絵本。おとぎ話に出てくるようなお姫様的人魚ではなく、「海洋生物」として、獲物を狩って食べる動物的な人魚が描かれています。不思議な歌声に心惑わされ、海の深さと冷たさを皮膚に感じてゾクゾクするような、まさに大人に向けて描かれた美しい作品です! ◆『人魚のうたがきこえる』 著者:五十嵐大介 出版社:イースト・プレス http://amzn.to/1sfO5xV 【オススメ記事】編集者イチオシ第1弾!夏旅のおともにしたい1冊

もっと続きを読む