朝食メニューも登場♪ ニューヨーカーを魅了する「マグノリアベーカリー」の魅力とは

記事画像

ニューヨークに本店を構えるベーカリーが、2014年6月、表参道にオープン。数々の映画やテレビ番組に登場した、パステルカラーのカップケーキが、本場そのままの味でいただけます。8月9日からは待望のブレックファーストメニューも数量限定でスタート、行列必至です。 「マグノリアベーカリー表参道」は、表参道沿いに立つ複合ビル「GYRE(ジャイル)」の地下1階にあります。「GYRE」といえば、行列のできるパンケーキ店「カフェ・カイラ」が入っていることでも有名です。 “アメリカの古き良き家庭のキッチン”をテーマにした店内は、ヴィンテージ風の装飾で統一され、ほっこりするアットホームな雰囲気です。 「マグノリアベーカリー」を一躍有名にしたのが、アメリカのドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』。お店自慢のパステルカラーのカップケーキを、主役のキャリーが食べたことから、“キャリーカップケーキ”と呼ばれるようになりました。 濃厚なバターをたっぷり使った色鮮やかなバタークリームがのり、見た目がとっても華やかです。定番のバニラやチョコレートの「クラシックカップケーキ」(各464円)をはじめ、角を立てたメレンゲアイシングが特徴の「スノーキャップ」(518円)など、店頭には10種類ほどあります。 カップケーキ以外に、本店で根強い人気の「バナナプディング」や、「チーズケーキ」「クッキー」など、焼きたて、ホームメイドにこだわった“アメリカン・クラシック・デザート”は、約150種類のレシピから、日替わりで40種類以上がラインナップ。焼きあがり時間や季節によって、店頭に並ぶ種類がかわるので、いつきても新しい味に出会えます。 店内にはイートイン9席が用意され、その場でいただくこともできます。みんなでいっしょに食べたいなら、テイクアウトがおすすめです。あれもこれもといっぱい買いたくなってしまいますが、作りたてなので当日食べられる分だけ、買いましょう。記念日やお誕生日などの手みやげにも喜ばれますよ。 ニューヨーク本店は、旅行ツアーにも組み込まれるほどの大人気。そしてこの表参道店も大きく話題になっています。来店のさいは行列は覚悟のうえで。ちなみに平日はお昼過ぎ頃が、比較的空いていて買いやすいとのことです。週末などは、整理券を配布することもあるそうです。 濃厚なバタークリームはとっても甘いですが、ひと口、またひと口と食べていくうちに、その甘さがクセになっていくのが不思議です。何個も食べたくなる魅惑のカップケーキにハマリ過ぎないよう要注意です。 オープンから約2か月、満を持して新メニューがスタート。焼き立てマフィンが、土・日曜日の朝限定のブレックファーストメニューとして2014年8月9日より登場します。ニューヨーク本店では毎朝お店に並べた途端に売り切れてしまうほどの人気です。 マフィンは、各280円で、新鮮なリンゴ、クランベリー、クルミを練りこんだ「アップルウォールナッツ&クランベリーマフィン」やシナモンの香り豊かな「シナモンシュガーマフィン」など6種類フレーバーのライナップから日替わりで楽しむことができます。数量限定販売ですので、味わいたい方はぜひ早起きしておでかけくださいね。

もっと続きを読む