元Apple従業員のSam Sung氏、スタッフTシャツや名刺をオークションに出品

記事画像

Apple史上、最もイケてない名前を持つと話題になったSam Sung氏。 バンクーバーのApple Storeにて2013年まで勤務し、現在はAppleを離れマーケティングの仕事をしています。 そんな彼が、チャリティーのためにApple時代に着用していたスタッフTシャツ、名札、名刺を海外大手オークションサイトebayに出品しました! Auctioning my old Apple Sam Sung business card on eBay for charity http://t.co/nVcZSv0SLu pic.twitter.com/lUkhgMbMc1 ― Sam Sung (@ayesamsung) 2014, 8月 6   スタッフ限定のグッズを出品しちゃっていいの?と少し疑問が残りますが… オークションは順調のようで、開始から1日も経っていないのに、すでに3,000ドルを超えています! 今までApple Storeは、この青のTシャツと黒のポロシャツをユニフォームとしていましたが、今後は青のシャツに統一するという記事を見ました。 ますますAppleとの絆が深まる、超プレミア商品になりますね! 落札金は、 Children’s Wish, BC & Yukonに寄付されます。 たかがTシャツといえど、Appleのブランドが付けば、高値で落札されることは間違いないと思います! 最終的にいくらで落札されるのか、締め切りの9日後が楽しみですね^^ 画像・参照元:MacTrast、9to5mac 元Apple従業員のSam Sung氏、スタッフTシャツや名刺をオークションに出品 は iPhone女史 の記事です。

もっと続きを読む