夏バテに効果的!体に優しい、食べて美味しい南国フルーツ5選

記事画像

どんなに水分補給をしても、体内の水分が奪われやすい夏。常夏に暮らす人々はどのように日々の暑さと向き合っているのでしょうか? その秘密は「トロピカルフルーツ」にあるようです。夏バテ予防のためにも積極的に食べたい、南国フルーツを集めてみました。 ココナッツ ハワイを始めとするポリネシアの島々や東南アジアを代表するフルーツ。ココナッツを割ると、透明なジュースが出てきます。これが「ココナッツ・ウォーター」の正体。ココナッツ・ウォーターは低カロリーな上に脂肪分もコレステロールもゼロ。ミネラルが豊富で体内の水分に近い電解質のため「天然のスポーツドリンク」と呼ばれることも。 マンゴスチン マレーシアやタイでお馴染のマンゴスチン。分厚い皮をむくと白い房になった実がぎっしり詰まっています。甘くてほどよい酸味もあって、とてもお上品な味はまさに「果物の女王」といった印象。マンゴスチンは低カロリーで食物繊維やビタミンCが豊富です。コレステロールを下げ、アンチエイジングにも効果的。また、血圧を下げる作用もあります。 アボカド 「世界で一番ヘルシーな果物」として「ギネスブック」に認定されている、メキシコ原産のスーパーフルーツ。ビタミンAとビタミンE、鉄分や葉酸などのミネラルを豊富に含む栄養価の高い果物で、アンチエイジングを始め様々な効果が期待できます。とろ~り濃厚なアボカドは、サラダに混ぜてもディップにしても最高! 南国のリゾートでは、アボカドシェイクなるものがメニューにのっていたりもします。 マンゴー 東南アジアを代表するフルーツといえば、ジューシーで濃厚な甘さのマンゴー! 近頃はマンゴースイーツの専門店なども国内にオープンしており、日本人が大好きなトロピカルフルーツと言えるかも。高血圧やむくみ、夏バテ予防に効果的なカリウム、美容に効果のあるビタミンCやベータカロチンなど体にうれしい成分がたくさん。とはいえ、ウルシ成分も含まれているため食べ過ぎるとかゆみが出たりかぶれてしまうことも。食べ過ぎにはご注意を! リュウガン(竜眼) ライチに似た味で、サイズが若干小さめの「リュウガン」。 茶色っぽい薄い皮をむくと、透明な果肉が顔を出します。中国や台湾、シンガポールなどの中華圏では、乾燥したものを漢方として用いることも多く、疲労、不眠、胃腸、貧血などに効くとされています。暑さの厳しいシンガポールやマレーシアなどでは、滋養強壮のためにリュウガンスープやリュウガンジュースが人気。 リュウガンの乾物と銀杏の甘いスープ 国内では手に入りにくいマンゴスチンやロンガンは、機会があれば現地でぜひ味わって欲しいと思います。トロピカルフルーツのおいしさを再認識できるはずですよ。

もっと続きを読む