恋が逃げちゃう!?付き合う前に彼と一緒にしてはいけないこと5項目

記事画像

デートが盛り上がる夏真っ盛り!なんとなく関係が深まってきたお目当ての彼と、いよいよお付き合い間近かも!? そんなときこそ、うっかりやらかして気持ちが冷めてしまわないように、“付き合う前にやらないほうがいいこと”をチェックしておきたいところ。大人の交際事情に精通しているコラムニスト・石原壮一郎さんが考える、次の5項目を頭に入れておいて! (1)本気度の高い買い物デート 趣味の道具やファッションアイテムなど、“本気度”が高くなりがちな買い物は、相手を置き去りにしてしまう可能性が高く、せっかくのデートがしらけてしまう危険性大。逆に無目的にホームセンターやバラエティショップをウロウロするような買い物なら、お互い楽しめるのでOK。 (2)テクニックを必要とする食事 カニや手羽先など、食べ方にちょっとしたコツが必要なものは、作業に熱中して会話がはずまなくなるのでNG。また、慣れないと食べたあとが汚くなりがちなので、恥ずかしい思いをする可能性も頭に入れておいて。 (3)絶叫系のアトラクション 危険や恐怖によって生まれるドキドキを、恋愛感情とカン違いして恋が生まれる「吊り橋効果」を狙う人もいるかもしれないけれど、ジェットコースターやバンジージャンプなどのアトラクションは、お互いのみっともない姿をさらしてしまうデメリットが。自分は気にしなくても、彼が気まずい思いをする可能性も考えて。 (4)本格的なアウトドア アウトドアが楽しくなるシーズンだけど参加の可否は慎重に。海や山にドライブはOKだけど、装備が必要な山登りはNG。バーベキューはOKだけど、泊りがけのキャンプはNG。アクティビティそのものに全力投球しなくてはならないものだと、予想外に疲れてしまい2人の関係を深めるという本来の目的を忘れてしまいそう。 (5)行きつけの店に相手を連れて行く お店の人や常連客との馴れ合いで、彼が自分だけ蚊帳の外に置かれているような寂しい気持ちになってしまうかも。また、見知らぬ人と気軽に会話するのが苦手な人もいるので、彼が自ら行きたい! と言った場合以外はデートコースから外して。 関係を深めたい彼とこれからデートの予定がある人は、急いでチェックを! コラムニスト。月刊誌の編集者を経て、1993年に『大人養成講座』でデビュー。大人の新しい概念と可能性を知らしめ、“大人女子”へのアドバイスにも定評がある。社会人としての“大人力”を盛り込んだ恋愛アドバイスは、「実用度が高い」とOLたちからも大人気で、女性誌のさまざまな企画に登場するアドバイザーとして広く知られている。著書『大人の女力検定』(扶桑社文庫)ほか多数。【関連記事】・同窓会での告白で、失敗しないための会話テクニック・100の片思いより1の失恋!現実路線が幸せへの近道・運動が苦手な女子へ!1日5分、簡単プチ太極拳のススメ

もっと続きを読む