「祇園祭」は前祭から後祭へ、復活する大船鉾に注目です♪

記事画像

今年は祇園祭の「後祭(あとまつり)」が49年ぶりに復活し、例年以上に山鉾行事を長く楽しむことができます。後祭の山鉾町ではすでに宵山がスタート。24日の山鉾巡行では150年ぶりに復活する「大船鉾」が注目を集めています。(メイン写真/北観音山の宵山風景) 祇園祭の山鉾巡行には本来、7月17日の神幸祭に先立つ「前祭(さきまつり)」と、24日の還幸祭に先立つ「後祭(あとまつり)」があります。昭和41(1966)年から昨年までは、17日にすべての山鉾が合同で巡行していましたが、千年に渡って継承されてきた祇園祭の本来の姿を後世に伝えるため、2014年は49年ぶりに後祭が復活することになりました。 すでに21日から後祭の山鉾巡行に先立つ「宵山」がスタート!町会所では美しい懸装品の見学や、参拝する人びとで賑わいを見せています。24日の「山鉾巡行」には10基の山鉾が登場し、前祭(さきまつり)同様に豪華絢爛な装いで都大路を進んで行きます。 今年から復興する「後祭の宵山」では、室町通、新町通などの狭い道に山鉾が建ち並び、昔ながらの祭風情を存分に楽しむことができます。五条大橋の上で軽やかに弁慶と戦う牛若丸にちなんだ橋弁慶山、立身出世が叶う鯉山、泥棒除けのご利益と黒にちなんだ授与品がユニークな黒主山、金色に輝く社殿を乗せる八幡山など、個性豊かな山鉾が勢ぞろい。後祭復活記念のスタンプラリーや特製手ぬぐいの販売も人気を集めています。 ◆祇園祭 後祭の宵山  〔日程〕7月21日~23日 雨天開催 〔場所〕各山鉾町(地下鉄・烏丸御池駅南西付近) 〔料金〕見学自由 7月24日に行われる後祭の山鉾巡行では、応永29(1422)年建立の歴史を誇る「大船鉾」が幕末の焼失以来、150年ぶりに復活することが大きな話題となっています。元治元(1864)年の大火で主な部材を焼失して以来の復活に、沿道からは大きな声援が送られることでしょう。「凱旋の船鉾」と呼ばれ、巡行の最後を飾る大船鉾の雄姿をどうぞお楽しみに! なお、巡行の経路は17日の山鉾巡行とは異なり、烏丸御池から河原町御池・四条河原町を経て、四条烏丸へと至るルート。大きな山鉾が向きを変える「辻廻し」は前祭と同じく迫力があり、巡行順を確認する「くじ改め」は京都市役所前で行われます。 ◆山鉾巡行(後祭)  〔日時〕7月24日 午前9時30分に烏丸御池の交差点からスタート(雨天決行) 〔巡行ルート〕烏丸御池→河原町御池→四条河原町→四条烏丸 〔料金〕見学自由(有料観覧席あり) 昭和41(1966)年から、後祭の山鉾巡行の代わりに始まったのが「花傘巡行」です。花街の芸舞妓や京都ミスきものなど多くの女性たちが華やかな装束で参列します。 後祭の復活に伴って存続が危ぶまれましたが、2014年以降は後祭の山鉾巡行と同じ時間帯で開催されます。河原町通で見学すると、山鉾巡行と両方を見ることができるのでおすすめです。 ◆花傘巡行  〔日時〕7月24日 午前10時頃に八坂神社をスタート 雨天決行 〔巡行ルート〕八坂神社石段下→四条通→寺町通→河原町通→四条通→八坂神社 〔料金〕見学自由 今年は「後祭」の復活で見どころが増えた祇園祭。前祭を見逃してしまった人も、まだ後祭があります。風情あふれる「宵山」や、豪華な山鉾が都大路を進む「山鉾巡行」など、後祭に関する行事をぜひ訪れてみてください。

もっと続きを読む