「◯◯できれいになる」はウソ! 現役女医が医学的観点からメッタ斬りしていく本『女のカラダ、悩みの9割は眉唾』が爽快感抜群の面白さ!

記事画像

お肌の調子がどうも悪い……そうよね、最近セックスしてないもんね。しかも仕事のしすぎでヒゲまで生えてきた! やだ、これって今話題のオス化ってやつ!? でもでも、やっぱり将来、子どもは欲しいから子宮を冷やさないようにしなきゃ! 今や当たり前のように信じられているこうした知識の数々。でも実はこれ、医学的に見るとぜーんぶ、ウソ! セックスしたからって美肌になることはないし、バリバリ働いたって男性ホルモンが増えることはないし、ちょっとやそっと腹が冷えたぐらいで子宮の温度は下がらないそう。 こんなふうに、巷で言われている美容や健康に関する都市伝説について、医学的な視点からバサバサと斬ってくれているのが、現役女医・宋美玄さんが書いた『女のカラダ、悩みの9割は眉唾』という本。これがホーント、読んでて爽快なんですわー。 ここで本の中で述べられている“女性の体に対する真実”について、改めていくつか抜粋してみましょう。 ・恋愛やセックスで女性ホルモンは分泌されない。女性誌が煽る「セックスしてきれいになる!」はウソ。もう一度言う。恋愛してもセックスしても、女 性 ホ ル モ ン は 出 な い。 ・「オーガニック」「自然派」ブームの昨今だが、体調不良で日常生活に支障をきたしてまで「ナチュラルライフを実践する素敵な私」を実践するのは本末転倒。 ・AVを真実だと思ってマニュアルや教科書にしているようなアホな男と付き合うな。自分の体にとってやさしくない・気持ちよくないことはイヤイヤしなくていい。生殖を抜きにすれば、そんなに頑張ってセックスする必要ナシ。 ・冷えは不妊や逆子、難産とは関係ない。「子宮が冷えると……」のたぐいもウソ。子宮は体の中でもいちばん体温が安定したところにあり、手足やお腹がちょっと冷えたぐらいでは子宮や卵巣の温度が下がることはまずない。 ・高齢出産は増えているが、「タレントの◯◯さんは45歳で出産した」は超ラッキーなレアケース。妊娠可能な年齢には限りあり、妊娠・出産は思い通りにならないものだともっと知られるべき。 いかがでしたか? こうした都市伝説の多くはマスメディアが作り上げたもの。私たちは世間が作る「女性とはこうあるべき」という価値観や女性像に、知らず知らずのうちに影響されてしまっていることも。情報過多な現代ですが、デマや都市伝説に振り回されず、正しい知識を持って自分のカラダと向き合っていきたいですね。 ちなみに。子宮を大切にするには「冷やすな」ではなく、いったいどうすればいいかというと……? 気になる方はぜひ本書を読んでみて。ピルに思った以上に多くのメリットがあってビックリ! 記者(私)はさっそく今度、処方してもらいに病院に行くつもりです。 参照:『女のカラダ、悩みの9割は眉唾』(講談社+α新書) 執筆=鷺ノ宮やよい (c) Pouch

もっと続きを読む