池に足を浸して無病息災を願う下鴨神社の「御手洗祭」

記事画像

下鴨神社では、清らかな水が湧く御手洗(みたらし)池に足を浸して、夏の無病息災を祈願する「御手洗祭」が、毎年7月に行われます。2014年の日程は7月26日(土)~29日(火)、夏の旅プランに入れてみていかがでしょうか。 京阪電車・出町柳駅から北へ徒歩10分、賀茂川と高野川が交わる場所に位置する「下鴨神社」は、平安遷都前から続く由緒あるお社。境内を包む「糺の森(ただすのもり)」は、「糺(ただす)」が「身を正す」に通じ、古くから穢れを払う神事が行われてきました。特に森の中を流れる御手洗川は、その清らかな水の流れによって、神社に参拝をする天皇をはじめとする人びとが身を清める場所として、大切にされてきました。 本殿の東に位置する御手洗池では、7月の土用の丑の日頃(2014年は7月26日~7月29日)に「御手洗祭」が行われ、参拝者は池の冷たい水に足を浸して、知らず知らずのうちに身についた罪や穢れを洗い流し、無病息災を祈願します。 靴を脱ぎ、膝上まで足を出してスタンバイ。受付でロウソクを授与してもらってゆっくりと川の中へ。水はひんやりと冷たく、身も心も引き締まるよう。ロウソクは禊の神が祀られる御手洗社に献じ、池から上がったあとは、地下から汲み上げたご神水を頂いて体の中からも身を清め、不老長寿のご利益を授かりましょう。 御手洗祭は早朝から夜遅くまで行われており、昼は暑気払いにもなり、夜はロウソクや提灯の明かりが水面を照らして幻想的な光景が広がります。 ○下鴨神社(しもがもじんじゃ) [所]京都市左京区下鴨泉川町59 [TEL]075-781-0010 御手洗祭 2014年7月26日~29日 05:30~22:00  献灯料200円 御手洗祭で神前に献じられる菓子が「みたらし団子」です。その名前の通り御手洗池が発祥で、下鴨神社の西にある「加茂みたらし茶屋」では、焦げ目が芳ばしいみたらし団子を味わうことができます。 こちらのみたらし団子は、最初のひとつと、あとの四つの間が離れていることが特徴です。その昔、後醍醐天皇が身を清める際に御手洗川に手を浸したところ、底から泡がひとつ湧き上がり、さらに続けて四つの泡が湧き上がりました。団子はその様子を象ったと伝わり、また、最初のひとつは人の頭、残りの四つは四肢を表すという説も。 本格的な夏の到来を前にした京都で、御手洗祭で身を清め、祭りの由来に想いを馳せながらみたらし団子を食べれば、今年の夏の無病息災はまちがいなしです。 ○加茂みたらし茶屋(かもみたらしちゃや) [所]京都市左京区下鴨松ノ木町53 [TEL]075-791-1652 [時間]09:30~18:30 [定休日]水曜日

もっと続きを読む