簡単にお風呂の鏡をピカピカにする方法

記事画像

ふと気付いたら水垢がびっしりこびり付いてしまう風呂場の鏡。放置してしまうと、落とすのは至難の業だ……。そんな悩みを抱える人に朗報。風呂場の鏡の汚れは、どの家庭にもある“あるもの”を使ってキレイさっぱり落とすことができるという情報を入手した。それはなんと「歯磨き粉」。渇いた布に歯磨き粉を付けて、鏡を拭くだけでピカピカになるという。はたしてこのうわさは本当なのだろうか? さっそく試してみた。一回の歯磨きで使用する程度の量の歯磨き粉を布に乗せ、鏡をこすってみる。歯磨き粉のさわやかな香りが風呂場に広がり、たしかにキレイになっていく感じはある。鏡を磨き、お湯で流してみると……なんということでしょう! ご覧の通りピカピカになったではないか! 力を込めてこすらなくても簡単に水垢を落とすことができるので、女性でも実践できそう。しかし、鏡の端に歯磨き粉が付着していると白くなってしまうので、そこだけ注意が必要だ。しかし、なぜこんなにも簡単に水垢が落ちたのだろうか。調べてみると、どうやら歯磨き粉に含まれている研磨剤が水垢を落とす役目を果たしているようだ。なので、研磨剤が入っていない、もしくは微量の子ども用の歯磨き粉だと、少し落ちにくい。ちなみに歯磨き粉の研磨剤の強さを調べる方法は、歯磨き粉を付けた歯ブラシでアルミホイルを磨き、歯ブラシが黒くなればなるほど研磨剤が強いということになる。鏡はありのままの自分を映し出すもの。特に水回りの鏡はキレイにしておくと、自分自身も美しくなるといわれている。ついつい放置してしまいがちな風呂場の鏡。帰ったら、歯磨き粉でゴシゴシ磨いてみる?(阿部綾奈/ノオト)

もっと続きを読む