【キャリア対談後編】休むのをやめたらラクになった? ベストセラーを生み出した女性編集者が究めたワーク×ライフの極意

記事画像

<<画像付きでこの記事を読む 株式会社キャリエーラ 代表取締役 藤井 佐和子(ふじいさわこ) 大学卒業後、大手光学機器メーカーの事務職を経て、インテリジェンスにて女性の転職をサポート。現在は株式会社キャリエーラを設立し、キャリアコンサルタントとして、女性のキャリアカウンセリング、企業のダイバーシティーサポート、大学生のキャリアデザインなどに携わる。カウンセリング実績は1万2000人以上。オフィシャルブログ「藤井佐和子のキャリアカウンセリングブログ」も好評。 株式会社宝島社 編集部局 第1編集部 書籍・ムック編集部 宮下雅子さん 大学卒業後、1999年に宝島社に入社。『宝島』編集部に配属となり、雑誌の編集を手がける一方、書籍やムックの制作も担当。2010年11月、書籍・ムック編集部へ異動。90年代にベストセラーになったビジネス書『7つの習慣』をマンガ化した『まんがでわかる7つの習慣』が65万部を超える大ヒットとなっている。『まんがでわかる7つの習慣② パラダイムと原則/第1の習慣/第2の習慣』も7月11日に発売 ≫≫前編 「ビジネス書×マンガ」の発想はどこから生まれた? 著者やスタッフともめた本ほど売れるのは お互いに本気で良いものを作ろうとするから 藤井さん(以下、藤井):宮下さんは、ビジネス書や自己啓発本を手掛けることが多いんですか。 宮下さん(以下、宮下):それがですね、ファッションと健康以外は何でもやるんです。例えば今年の8月は、宇宙関連や相続の本を出しますし、他にもスポーツや政治・宗教の本も作れば、付録付きのムックも作ります。 藤井:そうなんですね。ジャンルが多岐に渡ると、いろんな著者の方がいるでしょう? 正直言って、「この人、面倒くさいなあ」と思うことはありませんか。 宮下:それは……ありますよ(笑)。本を作っている間は、「二度とこの人とは仕事をしたくない」と思うこともあります。でも、良い本が完成すると気持ちもスッキリして、あんなにつらかったのを忘れて「また一緒にやりましょう!」って言っちゃう(笑)。それに、作る過程で著者やスタッフの人たちともめた本ほど、よく売れるんです。それは、私も相手もお互いに本気だから。本当に面白いものを作ろうとパッションをぶつけ合うからもめるわけですよね。私は、本は自分の子どもだと思っているので、著者の方にも「本作りは子作りと同じ共同作業なので、どちらか一方が熱心になるだけではダメなんです」とよくお話します。 藤井:宮下さんは、ずっと書籍の編集一筋なんですか。 宮下:いえ、入社から11年間は雑誌の『宝島』編集部にいました。ただ当時から、「雑誌を作りながら、書籍やムックも作りなさい」と言われていたので、ずっと雑誌編集者と書籍編集者の2足のわらじを履いていました。今は雑誌の編集部を離れたので、書籍やムックだけに専念していますが。 藤井:雑誌と書籍の両方を手掛けるなんて、大変じゃなかったですか。 宮下:それはもう、大変でした。月刊や週刊という定期的なサイクルで動く雑誌と、不定期に動く書籍やムックの仕事は、同じ編集でもまったく別物なんです。私は毎月4~5冊、多い時には月に9冊の書籍を出したことがありますが、数の多さが大変というより、サイクルの違う仕事を同時に進めるのがとにかく大変で。 無理をし過ぎないために 平日にこそ“遊び”の時間を作る 藤井:仕事が1つのサイクルで動いていれば、その仕事がひと段落した時期に体や頭を休めることができますけど、サイクルが違う2つの仕事を抱えていると、常に走り続けなくてはいけないから大変ですよね。お休みの日くらいはゆっくりできたんですか。 宮下:いえ、ある時期からは、もう休むのはやめました。 藤井:休むのをやめた? 宮下:はい、その方が平日はラクになるなと思って。土日に仕事をすることもあるけれど、そのぶん平日は早めに帰って家でご飯を作ったり、お酒を飲みに行ったり、動物とたわむれたり(笑)。そういうことができる生活の方がいいなと思って。 藤井:なるほど、ものは考えようですね。 宮下:そうなんです。それに気付くまでは、平日も毎晩遅くまで残業して、体調を崩したこともあります。ずっと気を張り続けていたら、やっぱりもたないですよね。車の運転でも、アクセルに“遊び”が必要じゃないですか。普段は70%程度の力で足を乗せておいて、一気に進まなくてはいけない時は100%の力で踏み込む、みたいな。例えば、温泉に入っている時にふと企画のネタを思いついたりもするので、やっぱり生活に遊びがあるからこそ、仕事もうまくいくことってあると思うんです。 藤井:うんうん、仕事を離れたからこそ湧いてくるアイデアってありますよね。 宮下:私は阪神タイガースのファンで、先週も甲子園に行ったんですが、その日がたまたま、怪我をしていた西岡剛選手の復帰戦だったんです。だから観戦中も、西岡選手を見て感じたことを手帳に書き込んでいました。叩いていたメガホンを置いて、メモをとって、風船を飛ばしたら、またメモして。一緒に行った友人たちは半分呆れてましたが(笑)、「これは仕事になるかも」というカンが働く時は、遊びの最中でもメモを取らずにいられないんです。 人生のベースに「ワーク」があって そこに「ライフ」を分割して組み込んでいく 藤井:じゃあ、今は仕事と自分の時間のバランスを上手に取れるようになったということでしょうか。 宮下:こういう言い方をすると、若い人には反発されるかもしれませんが、私は「ワークライフバランス」というものはないと考えているんです。というのは、ワークとライフを完全に切り離すなんてできないので。私のイメージとしては、人生のベースにワークがあって、そこにライフを分割して組み込んでいく感覚なんです。「9時から17時までは仕事で、17時以降はプライベート」と切り分けるのではなく、例えばバーに行く時に仕事の書類を持っていって、注文したお酒が出てくる間に目を通すとか、自宅に帰ってご飯が炊き上がるまでの間に原稿に赤字を入れるとか。“ながら”でもできる仕事はあるし、同時進行で何かをする時間を増やしていけば、ワークライフバランスなんて言葉は、そもそもいらないんじゃないかと思うんです。 藤井:確かに、同じ時間の中でいくつもの作業を並行してやることはできますよね。 宮下:このやり方なら、一日24時間の中で、実質的には36時間分や48時間分働ける。つまり、人生における時間の総和が増えるわけです。特に20代は「仕事の筋トレ」をする時期だと思っていて、この時期に自分の120%や150%の仕事をすれば、最初は2時間かかっていた仕事もそのうち30分でできるようになる。その頃に結婚や出産をすれば、残りの1時間半を家族や子どものために使えますよね。でも最初から「私の100%はここまでだから」と、いつまでも2時間かける仕事の仕方をしていると、結婚や出産を考える時期になっても、使える時間が足りず両立が難しくなってしまう。若い頃に頑張るからこそ、後になって大きなご褒美がもらえるし、結果的に仕事も私生活も充実できるんじゃないでしょうか。 藤井:そうですね。私も働く女性たちをたくさん見てきましたが、30代後半になって成果を出しているのは、やはり若い頃に全力で働いてきた経験がある人が多いと感じます。今後については、何か目標はありますか? 宮下:「毎年1冊は10万部以上売れる本を作る」というのが私の目標なんです。今年は『日本人の給料大百科』『まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論』、そして『まんがでわかる7つの習慣』でそれぞれ達成できたので肩の荷が下りましたが、また来年のことを考えないと(笑)。 藤井:電子書籍など新しい分野へのチャレンジなどは? 宮下:今は電子書籍が話題になっていますが、私は紙の本の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたいですね。すぐにダウンロードできる電子書籍とは違い、紙の本は書店に行って買うか、通販で購入して手元に届くまで待たなくてはいけませんが、不便だからこそ読む喜びも倍増すると思うんです。ラブレターだって、メールより手紙でもらったほうが嬉しくないですか? それと同じようなドキドキやハピネスを、これからもたくさんの人に届けていきたいです。 対談を終えて―― 好奇心や探究心が旺盛で、大変なことや面倒なことでも面白がって仕事をしている様子が伺えました。宮下さんが楽しく一生懸命にやっているからこそ、彼女が何か提案した時に、周囲の人たちも「彼女がそこまで言うならやらせてみるか」と思うのでしょうね。一方で、自分の中にきちんとロジックを持っていて、数字やデータを示して相手を説得することもできるし、たくさん本を読んできてベースとなる知識も豊富なので、他の人にはできないことができてしまう。宮下さんこそ、「誰の真似でもない唯一無二の自分」を実現している良い例なのではと感じました。(藤井)   取材・文/塚田有香 撮影/洞澤 佐智子(CROSSOVER) メソン・セルバンテス 日本で最もスペインに近いセルバンテス文化センター東京の最上階にあるお店。大学のカフェテリアのような雰囲気で、イベリコ豚料理やパエリヤ、旬の素材を生かしたスペイン伝統料理と直輸入ワインが楽しめる都心の穴場レストランです。 【住所】 東京都千代田区六番町2-9 セルバンテスビル7F 【TEL】 03-5210-2990 【営業時間】 [月~金]11:30~15:00、17:00~22:30 [土]10:30~22:30 [日・祝]11:30~21:30 ランチ営業、日曜営業 【URL】 http://www.spainclub.jp/meson_cervantes/ <<画像付きでこの記事を読む

もっと続きを読む