山林1万坪で500万円!? 山林を購入するときの注意点

記事画像

究極の田舎暮らしを求めるなら、山林購入も一つの手。お買い得物件に出会うにはどうすればいいのか。山林購入のコツをご紹介する。ここで言う「山林」とは、不動産登記法で宅地や畑などと同様に分類される地目の一つ。野放しの自然を含む、広範囲の土地を指すことが多い。宅地と比べて案件が多いわけではないが、価格は土地の広さに対してかなりお手頃だ。/自給自足的な暮らしを目指して、2年前に和歌山県内の山林1万坪を500万円で購入したという田中誠さん(仮名)に、購入時の注意点を聞いた。情報収集について「希望する地域が決まっているなら、地元の森林組合や行政機関に紹介を求めるか、山林売買を専門に行っている仲介業者などにコンタクトするのがいいと思います。また、林野庁のホームページでは国有林の競売情報も見られます。こちらも細目にチェックしておきましょう」一般的な宅地を手に入れるのとは探し方のルートが異なるよう。積極的に動いて、根気強く探したいところだ。注意すること「今すぐポケットマネーで買えてしまうような山もありますが、価格だけで判断するのは要注意。さまざまな法規制が設けられていて、建物が建てられない場合もあります。また、水を引くこともできず、果ては土壌汚染されていて住むには適さない土地だった……なんてことも十分に考えられます。まずはその土地で何がしたいのか、そしてそこで何ができるのか、ということをきちんと整理する必要があります」個人で山林を購入する気概があるなら、自らある程度現況を把握できるくらいの知識は必要になりそう。測量などで分からないことがあれば、土地家屋調査士など専門家の力を借りることも考えたい。契約/登記について「自ら契約書を取り交わして、売り主との間で所有権の移転登記をすることもできるのですが、そこは慎重に進めないと後々トラブルに発展する可能性があります。登記は法務局の相談窓口を利用するか、司法書士を介して進めるのがベターです。後者の場合は10万円程度の費用がかかります」登記が済んで初めて、山林の所有者としての権利を主張することができる。自らを守るものとしても、契約・登記関係は抜かりなく行いたい。「山林を求める気持ちさえあれば、必要な知識は後から付いてきますよ」とは田中さん。興味のある方は、まず理想の山林ライフを具体的に思い描いてみることから始めてみてはいかがだろうか?(根岸達朗+ノオト)

もっと続きを読む