居心地のよいインテリアでくつろげるバル&カフェ「茶日」

記事画像

笹塚にある「茶日」は、素敵なインテリアに囲まれて、落ちついたときを過ごせるお店です。コーヒーだけでなく、イタリア料理やワインなどのお酒も楽しめるので、幅広い世代から愛されています。 京王線笹塚駅の北口を出て、活気あふれる10号通り商店街を2分ほど歩くと、通りの曲がり角に、バル&カフェ「茶日」が見えてきます。 ここは隣駅の代田橋にある、人気ギャラリーカフェ「CHUBBY」の姉妹店。オーナーの高木さんは、常連さんから「笹塚にも同じような店がほしい」というリクエストを受けたのをきっかけに、ご自身の住む笹塚にも、気軽にコミュニケーションをとれる場を作りたいという思いから、2011年に「茶日」をオープンさせました。 店内の温かみのある雰囲気は、選び抜かれたこだわりのインテリアから醸し出されています。テーブルはお店のイメージに合わせて、わざわざ愛媛から取り寄せたもの。真っ白な壁にも、九州から仕入れた土が使われています。 「ものを自分で選び、それを使い続けるよさを感じてもらえたら」と高木さん。ほかにもランプシェードや真空管アンプなど、随所にこだわりが詰まっているので、一つひとつに注目してみても面白そうです。 お店には、ワインやウィスキーなどのお酒や、それに合うイタリア料理が豊富に揃っています。 「前菜の盛り合わせ」は、パテ・ド・カンパーニュやアジの炙りカルパッチョなど、7種類の色とりどりの前菜が、一皿に収められたお得な定番メニュー。黒板に書かれている「本日のおすすめ」も、旬の食材が堪能できると評判です。 コーヒーや紅茶、パスタ、ケーキなど、お酒を飲まない人も楽しめるドリンクやフードも充実しているので、ランチや喫茶での利用もおすすめですよ。 L字型の広い店内では、芸術作品の展示会が行われることも。アクセサリーや陶器、インテリアなど、立体的な作品の展示が多いのが特徴です。 食事のついでにお気に入りの作品を見つける。そんな素敵な出合いもあるかもしれません。毎日の生活がちょっと豊かになりそうな、家の近所にぜひほしいお店です。

もっと続きを読む