アンティークショップ「ヒュッゲ」で素敵なヨーロッパの家具&雑貨探し

記事画像

「HYGGE(ヒュッゲ)」は、フランス・パリを中心に、ベルギーやオランダなどから買い付けたアンティークの家具や雑貨を取り扱うインテリアショップ。時代を越えて輝きを増した素敵アイテムで、お部屋をコーディネートしてみませんか? 仙台市の繁華街から少し離れた、住宅街のビルの1・2階に「HYGGE」はあります。店名の「HYGGE」(ヒュッゲ)とは、暖かさや優しさ、心地よさを意味するデンマークの言葉。その名のとおり店内には、テーブルウエアやフロアランプ、蚤の市で見つけた生活雑貨など、ヨーロッパの人々が長年大切に使ってきた温かみあふれるアイテムが並びます。 「家具や生活雑貨を代々受け継いで大切に使い続けるヨーロッパの習慣を伝えたい」と話すオーナー夫妻の沼倉透さんとさちこさん。およそ100~200年前のテーブルやイスなどは、家具職人でもある透さんが現代の生活に合うようにリペアして販売しています。ひとつひとつのアイテムに隠れた歴史や物語を想像したり、使い道を考えたりしながら、宝探し気分で買物が楽しめそう。 アンティークのアイテムってコーディネートがちょっと難しそう・・・という人は、食器やカラトリーから取り入れてみるのがおすすめ。例えば、優しいクリーム色の「フランスアンティークサルグミンヌ陶器」は、食器として使用するのはもちろん、お花を飾ったり、ペン立てにしたりと、使い方はさまざま。カップ1つが、素敵なお部屋を演出してくれそうです。 クラシカルなフレームの「フランスアンティークアームチェア」は、座面と背もたれをコットンリネンの生地に張り替えて実用的にリメイクしています。鏡を立てかけて、ドレッサーとして利用するのも素敵♪ このほかにも、毎日の生活を豊かにしてくれるアイテムがたくさん揃います。スタッフがアンティークのアイテムでアレンジするお部屋づくりについて提案してくれるので、気軽に相談してみてくださいね。

もっと続きを読む