歴史が証明する「人生が劇的に変わる」きっかけとは?

記事画像

イメージコンサルタントとは、ひと言でいうと「客観的な目を持つ、人間づくり屋さん」です。 あんな人になりたい! 本当はこんな自分じゃないのに……。 ありのままの私でいたい。 こう魅せたい! ……第三者が感じているあなたはどんな人だろう。じぶんの思い描くとおりかな。 イメージコンサルタントとは、あなたの理想や目的、職業、ライフスタイルに添った「外見」「コミュニケーション」を論理的にアドバイスするプロフェッショナルです。   1960年代、ケネディー氏がアメリカ大統領選挙において、圧勝しました。その裏では、ケネディー陣営が服装(生地までも!)や歩き方、笑顔、話のタイミング、相槌、その他において分析をし、アドバイスをし、見事な「ハツラツとした若さアピール」というイメージ戦略を仕掛けたといわれています。   この噂を聞きつけたアメリカの政治家やスター、企業のトップ、エグゼクティブなどがこぞって専門家のアドバイスを受けるようになった……というのが、(諸説ありますが)現在の「イメージコンサルタント」のはじまりであったりもします。   アメリカの新常識!トップに必要な3大コンサルティングのひとつ ネクタイ1本、スカートひとつにしたって、色や模様、生地、長さによって相手が抱くイメージが全く変わるもの。オバマ大統領が青のネクタイをしている時はどのような本心が隠れているのでしょう。 自分のありのままの姿と理想を掛け合わせ、「居心地のよい私」を発見できる一方、戦略的にイメージを演出することもできる。ここから、企業のトップに必要な3大コンサルティング中のひとつと言われ、政治家ひとりにつき専属イメージコンサルタントがひとり……というアメリカの新常識が生まれたのかもしれませんね。   日本ではまだまだ聞き慣れない職業であるイメージコンサルタント。 色の持つ力によって引き出すことのできるあなたのパワーは、明日のデートに活用できます。自信のないあなたにとっては「軸」を発見するきっかけとなります。 まずは疑いながら、自分探しの一歩としてイメージコンサルタントの力を信じてみてはいかがでしょうか。仕事やデートという「限られた時間」のなかで、じぶんをよりよく相手に印象づけることができたら、あなたの人生は劇的に変わるかもしれませんよ。   次回から、具体的なイメージ戦略についてご紹介していきます。ご期待ください。   Photo by Pinterest 【関連記事】水着の季節に間にあう!おうちで「ちょっとやったら」キレイに痩せられる方法じつは簡単だった!意中の男性から「ソッコーで」口説かれる方法関連する記事はありません

もっと続きを読む