箱庭本のこぼれ話vol.2「箱庭が最初に決めたこと」

記事画像

角川さんに内緒で勝手に綴る編集後記毎回若干ビクビクしながら書いてます。なかじでございまーす!(サザエさん風)今日、神楽坂オフィスでケイナ編集長と話していたら「お母さんが、記事おもしろかったって言ってたよー」と。聞いた?ねえ聞いた? 角川さん聞いたー?もうね「必読!! 編集長のお母さんも太鼓判!」っていう煽りフレーズを次回からタイトルに入れちゃおうかな。さて、夜中のテンションで始めたこのこぼれ話。2回目のテーマは「箱庭が最初に決めたこと」です。今回もこぼしちゃうぜー!ポロリしちゃうぜー!発信する情報がブレないようにまず大きなビジョンを決めた箱庭が立ち上がる前に、私たちはまずビジョンを決めました。ビジョンの言葉の意味はWikipediaで確認して頂きたいのですが大まかに言うと、姿勢や(将来の)展望のことを指します。このビジョンがあると、やる目的もハッキリしますしまたどうやってやるか(何を発信するか)も明確になります。逆に、これがしっかりと定まっていないとブレやすく、サイト全体のまとまりがなくなってしまいます。色んなジャンルの情報が集約されたポータルサイトならいいですがそうでないなら、ちぐはぐ感が生まれてしまったりネタを探すときも広範囲すぎて大変です。ビジョンを決めるうえで私たちが活用したのは6H2Wのフレームワーク。箱庭の場合は...------------------------------------------------------●WHO(誰が)=女子クリエイターが●WHAT(何を)=デザイン、アート、ライフスタイル情報を●WHOM(誰のために)=女子クリエイターや感性が近い人たちへ●WHEN(いつ)=毎日●WHERE(どこで)=facebookとウェブサイトで●WHY(なぜ)=自分たちが楽しめるサイトがなかったので●HOW(どうやって)=キュレーション&オリジナル記事を発信しながら●HOW MUCH(いくらで)=無料で配信する------------------------------------------------------という風な感じです。こうすれば頭の中もスッキリ整理されます。お店やメディアが「最近ブレてきたな...」と感じている人はこのフレームに当てはめて、見直してみるのもいいかも!読者やお客さんにとっての「役立つ」情報を発信するビジョンが決まったら、あとはそれに沿ってネタを情報を発信していきます。その時にぜひ考えてほしいのが「役立つ情報を発信する」ということ。先日の出版記念イベントで北欧、暮らしの道具店代表の青木さんがおっしゃっていた『自分が書きたいことではなく、読者が読みたそうなことでもなく自分が読みたいと思う記事を書こう』ということです。そして『役に立つから面白い』ということです。ただ「役立つ」と一言で言ってもさまざまですよね。便利さや豆知識が役立つと感じる人がいれば最新のトレンド情報が役立つと感じる人もいます。ネイルサロンであれば海外の最新ネイル事情もいいしコーヒー屋さんであれば豆の挽き方や選び方などHOWTO的な情報もいいですよね。箱庭の場合は、情報を届けたい対象が自分たちと同じようにウェブやデザイン、編集に携わっている職業の女性や同じような感性を持った人という風に決めていたので「自分が役立った情報」=「見てほしい人が役立つ情報」という風に、非常にわかりやすかったんです。例えば「1日1フォント」「デザインの引き出し」が一例。デザイナーが「これ使える!」と思ったおすすめの書体をデザイナーやデザインに携わる人にシェア(共有)する。自分たちの経験が、そのままネタ元になっているのです。~おまけ~「役立つ」「価値ある」情報はマーケティング業界でも注目されてるケイナ編集長以外の箱庭メンバーは、普段は別の本業があります。お松はアウトドア関連のECサイト運用を担当していたりすーちゃんとなっちゃんは雑誌のデザイン制作を行っていたり。私も同様に、普段はコンテンツマーケティングという領域で記事やビジュアルを制作したり、編集したりしています。「コンテンツマーケティング」というのは、一言で言うと"価値あるコンテンツを発信して企業やブランドのファンをつくる"こと。コカコーラのWEBマガジン型コンテンツ「コカコーラ ストーリー」が有名です。従来のウェブマーケティングは、SEO対策やリスティング広告が主で検索順位を上げるためにバックリンクを増やしたり、お金を払って検索結果ページのPR枠に表示させたりと色んな手を尽くしてきました。でも、Google先生のアルゴリズムが変わったりペナルティを受けたりと通用しなくなってきたわけです。あとの難しい話は、めんどいから割愛!で、注目され始めたのが「コンテンツマーケティング」色んな所にバンバン広告を打つのが"プッシュ型"だとすればコンテンツマーケティングは"プル型"です。(プル型=必要な情報をユーザーが能動的に取りにいくタイプ)「役に立った」「かわいい」「おもしろい」「発見がある」そうして人の心を動かす価値ある情報は、SNSで拡散されやすくまた、良質なコンテンツを発信することはSEO対策にも効果的です。って、真面目な顔をしながら書いてみました。でも事実、いいことたくさんあるんですよ。私にとって「箱庭」を通して見てきたこと、感じたことが今の仕事にすごく活かされています。だからこそ、お店を運営されている方や広告関係、PR&宣伝のお仕事をされている方にこそこの本を読んでもらえたらな。そう思っています。というわけで、次回は「箱庭は"コラボ"する」です。[単行本 ver.]かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール (ノンフィクション単行本) [Kindle ver.]かんたんなのに、ほとんどの人がやっていないお店にファンをつくるウェブ発信の新ルール (角川書店単行本)

もっと続きを読む