これさえやればお金が貯まる!ボーナスを最大限に活かすコツ3つ

記事画像

いよいよ待ちに待ったボーナスシーズンが到来! ボーナスといえば、お買い物や夏の旅行に使う人が多いようですが、浮かれて使っているうちに気づいたらゼロに……なんてこともありがちです。 そこで、ボーナスを楽しく使いつつも、しっかり貯められるコツをご紹介しましょう。この3つを実行すれば、残りは思いっきりお楽しみに使ってもOKですよ!   ステップ1:必ず使うお金をとりわける まずは、ボーナス後に「必ず使うお金」をとりわけましょう。夏休みの帰省、クレジットカードのボーナス払い、住宅ローンのボーナス返済などの予定がある人は、その費用は絶対に出ていくことが決まっています。 その分の金額を計算して、先にとっておきましょう。今から夏休みくらいまでの支出の予定なら、きっとすぐに思い浮かぶはずです。   ステップ2:いざという時のお金をとりわける 次に、最低限必要な貯蓄も残しましょう。 最低限必要な貯蓄とは、自分や家族が病気になった、けがをしたなどのアクシデントで入院や治療にかかる費用、仕事を長期間休んでお給料がストップしてしまった場合の生活資金など、緊急時に必要なお金のこと。 目安は、通常の生活費の半年から1年分。1ヶ月の生活費が20万円の人なら、120万円から240万円です。この金額を、現金や預金でおいておきましょう。   すでにこれくらいの貯蓄がある人なら、ここはスキップしてOK! まだ貯蓄がこれに達していないなら、ボーナスの一部ないしは全額をまずとりわけておきましょう。   ステップ3:秋、冬の出費は定期預金に入れる 今年の秋から冬にかけて、つまり3~6ヶ月先にイベントごとを控えている人は、その準備もしておきましょう。秋に引越しの予定がある、今年のクリスマスはリッチなパーティをする! などの予定がすでにわかっていれば、そのためのお金は取っておきたいもの。 でも、出費までちょっと時間があるので、それまでに少しでもお金を増やしておきましょう。 出費まで1ヶ月~半年以上の時間があるなら、定期預金がオススメ。10月の引越しのためには3ヶ月満期、年明けの旅行のためには6ヶ月満期、というように預金をしておけば、何のために貯めているお金なのかもわかりやすくなりますよ。   特に、ボーナスシーズンには通常よりも高い「キャンペーン金利」が付く定期預金がたくさん発売されます。 キャンペーン金利とは、キャンペーンの期間中に特別に適用される有利な金利のこと。銀行などの金融機関が決めたキャンペーン期間中に定期預金を始めると、満期になるまで有利な金利が付くんです。通常の定期預金金利の10倍近くの金利が付くこともありますよ! これは使わない手はないです!   以上3ステップ。どれも当たり前なことではあるけど、意外とちゃんとやっている人は少ないもの。今年のボーナスは、計画的にとりわけて、残りを思いっきり楽しんでくださいね!   お金のお悩み、大募集! 皆さんのお金についての質問、お悩みを大募集中! 「お金ってどうやって貯めればいいの?」、「私のやりくりって、これでいいの?」など、お金にまつわるご相談はぜひぜひ、info_angie@estyle-inc.jpにお送りください。 ファイナンシャルプランナーである著者がご回答させていただきます!   ※『ANGIE』への掲載をもってご回答とさせていただきます。個別にメールでご返信、ご回答をするサービスではありません。ご了承くださいませ。 ※掲載にあたってはご質問者さまのお名前などは非公開とさせていただきます。   この連載を皆さんと共に育てられたらとてもしあわせです!   Photo by Pinterest 【関連記事】リア充女史もじつは●●だと判明!~リア充女史の素顔が丸裸に~経験者に聞いた「年下オトコ」と結婚すると有利な人生とお金のこと 付き合ってみてわかった!彼氏が年下だとちょっと困るお金のハナシ 「給与の振込口座に全財産を入れたまま」なんてやめて! 30歳からお付き合いしておくべき金融機関はコレだっ!

もっと続きを読む