おうちで簡単!自家製梅酒作りレポート

記事画像

自分でつくる梅酒ってうれしい。みんなでつくる梅酒ってたのしい。こんにちは!おまつです。早いもので今日で6月が終わりますね~。一年の折り返し地点ですよ。わー、早い。一日一日実りある日々を過ごさねばと思う今日この頃です。さて今日で6月も終わりということで、私個人ではありますが、6月の思い出を振り返りたいと思います♪私の住んでいるシェアハウスの庭には梅の木があり、6月になるとその梅の木には香り豊かな青梅がたくさん実ります。その梅を収穫して梅酒作りをするのが我が家の毎年恒例行事となっています。今回は元シェアメイトも手伝いに来てくれたので、総勢7人でワイワイ作業しました。とっても簡単だし、折角なので自家製梅酒の作り方をお伝えしたいと思います♪【材料】・青梅...1kg(梅の風味を強めるのなら、青梅はあと100g程度なら追加してもOK。)・氷砂糖...500g(甘い目がお好みなら氷砂糖は1kgぐらいまでなら増やしても大丈夫です。)・ホワイトリカーor果実の酒用ブランデー...1.8リットル(アルコール度数が低い(35度未満)お酒は避けたほうが無難です。)※量はお好みでご調整可。うちの場合は梅と氷砂糖気持ち多めに入れています。個人的にはブランデーの仕上がりの方が好き。【用意するもの】◎保存容器◎竹串◎ふきん◎大きめのおなべやボール【1】今年採れた梅はおよそ8kgほど。多少傷もありましたが、それもご愛嬌。自宅でとれたとは思えないほど立派な梅が収穫できました。【2】採れた梅はきれいに洗い、たっぷりの水に漬けてアク抜きをします。このときに洗剤やスポンジなどは使わないで手洗いをするのが大事。青く硬い実は1時間から2時間程度が目安です。これをおろそかにすると梅酒に渋みが出ます。また使用する保存容器は熱湯で煮沸消毒します。その後きれいなフキンで水気をふき取り、ビンの口を下にして、完全に乾燥させます。※水気が残っているとカビが生えやすくなりますので、完全に乾燥させるのが大事。【3】アク抜きが終わったら、きれいなタオルで水気をふき取ります。【4】傷が多い子は取り除きます。中にはキャラクターのような梅も!?この子はみんなで首相と名付けましたw参照元:紀州梅苑水気をきれいにふき取ったら、竹串を使ってヘタを一つ一つ丁寧に取り除きます。竹串を使う理由は梅は金気(金属)を嫌うといわれているからだそうです。ヘタの縁をなぞるようにするとスポっと取れます。(タコ焼きを返す要領で♪)きれいに取れば取るほど梅酒にエグ味がなくなりさわやかな味わいになるのでひとつひとつ丁寧に取り除きます◎【5】水気を拭き取った青梅と氷砂糖をビンに交互に入れていきます。【6】あとはホワイトリカーを入れるだけ~っと思ったら、思わぬ助っ人が!あれ?ONちゃーーーん!※実際の梅酒ではONちゃんを入れておりません。・・・ここからはスピンオフです。ええ、自己満です。【美味しい梅、採れましたCM ver.1】前日に立川のIKEAで買ったデッサン人形に持たせてみました。単焦点レンズF値を1.8まで下げ、背景ぼかしの雰囲気重視で。【美味しい梅、採れましたCM ver.2】どうでしょうの名物ディレクターのふじやんの似顔絵が!?水曜どうでしょうファンのシェアメイトが傷んで捨ててしまう梅に描いていました!に、似てる!!(ちょっとそれましたが、、、、笑)自家製梅酒の完成!!!左から2つはブランデー、右はホワイトリカーに黒糖、蜂蜜を入れてアレンジしました。今回はサントリーの果実用のお酒を使用しましたよ。去年ブランデーで漬けた方が美味しかったのでブランデー漬けが多めです。こうして梅酒を漬け込んだら、あとはきっちりとフタをして温度差のなるべく少ない涼しい場所で約3ヵ月保存します。一年程漬けるとコクが出ますが、うちでは飲み頃の3ヶ月後に解禁してみんなで梅酒祭りをします。それでもまだまだ梅が余ってしまったので、もうひとつ追加した上、梅シロップも作ったよ。ゲラゲラ笑いながら作ったから、きっと美味しい梅酒が出来上がるはずだわ!3ヵ月後が楽しみだなぁ~♪同じ要領で梅以外でも、杏やグレープフルーツ、梨など季節ごとに果実酒を作るのもいいですね!是非いろいろアレンジして自家製果実酒作りにトライしてみてね。何気ない生活がちょっぴりワクワク、きっと楽しくなりますよ。【参照サイト】・梅酒の作り方、梅酒は簡単!|ほりぐち農園・梅のいろいろレシピ 果実酒を楽しもう|サントリー・簡単、おいしい梅酒の作り方|紀州梅苑

もっと続きを読む