4Kテレビの試験放送がスタート! そもそも「4K」ってなに?

記事画像

6月2日、高画質な画像が楽しめる「4K」テレビの試験放送が始まった。4K放送を全国放送レベルで行うのは、世界でも初めてとのこと!なにやらすごい取り組みだということはわかるけれども、そもそも「4K」ってなに? どうやって見ることができるの? と疑問に感じる人も多いはず。そこで、4Kの特徴や視聴方法を調べてみた。「4K」とは、ディスプレイなどの解像度を示す表現。横3840×縦2160ピクセルという従来のフルハイビジョンの4倍の解像度を持つので、鮮明できめ細かい映像を映し出すことができるのだ。4K放送はスカパーJSATの衛星(CS)放送波を使って番組の提供が行われる。今回始まった試験放送では、毎日午後1時~7時に紀行や音楽、スポーツ、ドキュメンタリーなどを無料で放送。生中継ではないものの、サッカーのワールドカップブラジル大会は4試合の放送が行われている。視聴には4K対応テレビを買えばOK! かと思いきや、それだけではNG。4K放送を受信する専用チューナーとCS放送アンテナが必要なのだ。ところが、肝心の4K対応チューナーはまだ未発売……。秋にソニーが発売を予定しているのでそれを待つか、それより早く見るには6月25日に発売されたソニーの4K対応チューナー搭載のレコーダー(予定価格は13万円前後)を購入するしかないのが現状だ。まだまだ一般家庭で視聴するにはハードルが高い4K放送だが、本放送は2016年のリオデジャネイロ五輪前には予定されているとのこと。そのころにはテレビやチューナーの価格がもう少しお手頃になって、自宅で見られる可能性が高まっているかも?(南澤悠佳/ノオト)

もっと続きを読む