ハワイの行列店「モケス」の名物パンケーキを中目黒で♪

記事画像

ハワイの人気パンケーキ店が続々と日本に初出店する中、今回紹介するのは中目黒にある「Moke’s Bread & Breakfast(モケス)」。カイルアタウンに本店を構えるレストランで、しっとり&ふっくらした生地が特徴です。 ハワイ・ワイキキにあるホテル「ハレクラニ」で働いていたモケ・ワーレンさんがハワイで創業したのが1999年。家族経営でアットホームな雰囲気と、手頃で家庭的な料理が口コミで評判となり、同じカイルアタウンにある「シナモンズレストラン」とともに、現地では絶大な人気を誇ります。日本1号店がオープンしたのが2013年8月。中目黒駅から目黒通りを渋谷区方面に2分ほど歩いたところにお店があります。 お店の代名詞となっているのが、名物の「リリコイパンケーキ」。 ハワイ語で“パッションフルーツ”を意味するリリコイのソースがたっぷりかかり、その甘酸っぱさとさわやかな風味は一度口にするとクセになるほどです。 モケさんのおばあさんのレシピをもとに作られたパンケーキの生地は、配合や材料からこだわり、ふわふわでしっとり。口に入れた瞬間から、溶けだすような食感が楽しめます。 「リリコイパンケーキ」以外に、ハワイの朝食の定番、スパムを使った日本限定メニューの「スパムバーガーパンケーキ(サラダ付き)」など、パンケーキは8種類。 オムレツやロコモコ、エッグベネディクトといったおなじみのハワイグルメもあり、いずれも個性的なオリジナルメニューとして楽しめます。 店内には、1階と2階にテーブル席が設けられています。 1階には何重にも積み上げられたパンケーキのオブジェが飾られ、記念撮影のスペースとして開放されています。 混雑時には行列ができるので、並ぶのが苦手な人には予約がおすすめです。 予約受付は電話のみ。毎月1日の17時以降に、翌月の予約を受け付けてくれます。 ハワイの人々をとりこにするさわやかな味わいの「リリコイパンケーキ」を食べて、日本にいながらにしてハワイ気分を満喫してみはいかがでしょうか。

もっと続きを読む