Less is More: ルーティン化することで満足度を高める日常のディシジョンメイキング

記事画像

朝ご飯は何にしよう、オフィスに買って行くコーヒーはどれにしよう、ランチは何を食べよう。こうした判断を私たちは日々下しています。デジタル時代に突入して、それはオフラインだけでなくオンラインにも当てはまります。探し求めている商品を楽天で検索すると並ぶ膨大な数の商品。品揃えが豊富!とうたうお店を見かけますが、果たして選択肢は多ければ多いほどいいものなのでしょうか? アメリカ人は、平均すると1日に70もの異なる判断を下しているそうです。1995年と少しさかのぼりますが、コロンビア大学のシーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)教授がある調査を実施しました。カリフォルニア州のスーパーに、Wilkin & Sonsというジャムの試食ブースを設置。数時間ごとに、ブースは24種類のジャムの試食と、6色のジャムの試食に変えられました。24種と6種のジャム、提示された選択肢の数が違っても、顧客は平均2つのジャムを試食しました。そして、試食した顧客全員にジャムの1ドル割引クーポンが配布されました。 豊富な種類と、たった6種類のジャムの場合で、顧客の行動はどう変わったのでしょうか。結果は、24種のジャムの試食テーブルに立ち寄った顧客は全体の60%。一方、6種のジャムしかない場合には40%しか立ち寄りませんでした。ところが興味深いことに、6種から試食した顧客の30%がジャムを購入したのに対して、24種のグループではわずか3%しかジャムを購入しなかったのです。 1種類しかない炭酸飲料ではなく、5種類から好きな味が選べる。理論上、この選択肢の多さは魅力的に感じられますが、実際にはそれが私たちの意思決定を難しくしている。この背景を説明する一つの著書に、バリー・シュワルツ氏の「なぜ選ぶたびに後悔するのかー「選択の自由の落とし穴」」があります。著書のポイントを、「Why The Minimalists Do What Minimalists Do」(ミニマリストがなぜミニマリストのように振る舞うのか)というブログ記事から抜粋してご紹介します。 “When we’re faced with a number of options, we’re always going to assume that one of them is better than all the rest. This means the more options there are, the more likely we are to choose one that isn’t the best one. We also presume it would take more homework to choose the right one. In other words, as options increase every decision becomes bigger, and so the more likely we are to delay our decisionmaking.” いくつもの選択肢があると、常に、きっと他の選択肢の方が良かったのだろうと思ってしまう。選択肢が多ければ多いほど、ベストな一品を選んでいない可能性が高まる。また、ベストなものを選ぶには事前の下調べも必要だろうと考える。つまり、選択肢が増えることで一つずつの意思決定が重要性を増し、ディシジョンメイキングが遅れてしまう。 つまり、コンビニの棚に並ぶ10種類のエネルギードリンクから選ぶより、3種類の中から選ぶ方が、私たちの選択への満足度は高いことになります。確かに、お気に入りのブランドがある商品、また飲むドリンクが決まっている時の方が、決めることの煩わしさがなくて気持ち良い気がします。 こう考えると、前述したブログ記事のタイトルにもあるミニマリスト(最小限主義者)は、非常に理にかなった生き方をしていると言えるかもしれません。必要最低限のものだけを生活に取り入れることで、物事をルーティン化する。朝ご飯はヨーグルトとグラノラと決めてしまえば、毎朝食べるものに頭を悩ますこともなく、貴重な朝時間をゆっくり過ごすことができます。そしてルーティン化することで、シュワルツ氏の言う「あっちにしておけばよかった!」と思うマキシマイザーではなく、手にしたものに満足できる「サティスファイサー」になれるのかもしれません。

もっと続きを読む