一面に広がるワイン畑を眺めながら本格フレンチを楽しめる「OcciGabi(オチガビ)」へ

記事画像

日本一のワイン葡萄生産地である北海道・余市町。2012年にオープンした余市のワイナリー&レストラン「OcciGabi」で、美味しいワインとワインに合うフレンチを楽しみましょう。 余市駅から車で約5分、小高い丘の上に位置する「OcciGabi」。店のまわりには3~4年でできるワイン畑が一面に広がっています。現在は数年後の収穫を目指してワイン用ブドウの栽培、庭造りの真っ最中。建物は神奈川県逗子の職人に設計を依頼し、土地に合ったデザインでお願いしたそうで、木は一部、道産のカラマツを使用しています。 食材は後志産の海鮮物や野菜を中心とした料理が並び、ソースやジュレにも惜しみなくOcciGabiワインを使用。メニューは2週間に1回変わります。 道産仔牛のロースト、前菜は寿都産牡蠣のケルナーカクテルジュレ添えなど、道産食材を使用したワインに合わせた料理を味わうことができ、ほかにも魚料理とデザート、スープまたはワイン1杯、パンが付きます。パンは道産小麦と余市産リンゴの天然酵母を使った手造りのパンで、おかわり自由です。 ワインはブドウの味が感じられる、しっかりとした味です。白が3種、赤が4種あり、現在は契約農家栽培の余市産のワイン用ブドウを使用して醸造。数年後にはレストランの目の前の畑で栽培したブドウを使ったワインを味わうことができる予定です。ワインは2000円~、ワイングラスは1000円で購入できます。 「OcciGabi」はまだまだ進化中。2、3年後には敷地内に温泉やキッチン付きの長期滞在型のコンドミニアム、パン工房などを造り、5年後には結婚式場などを設計したいとオーナーの落希一朗さんは考えています。また、将来的にはワイナリーが何百件もでき、多くの海外の方々が興味を持って来ていただけるように、ナパバレーのようなワイナリーリゾートにしたいとおっしゃっていました。 「自分で造った酒は愛おしい」と話す落さん。ワインの話をしている時の表情はとても楽しそうです。 そんな落さんの話を聞きながら醸造蔵見学をしたのちにワインを試飲し、フレンチをいただくという素敵なプラン(お1人様5000円、4名以上)もあります。「OcciGabi」で美味しいワインと料理を堪能できる、贅沢なひとときを過ごしてみませんか?

もっと続きを読む