【おフランス速報】メキシコ寿司にブラジル巻き!? パリの回転寿司「プラネット・スシ」の新メニュー

記事画像

今年15周年を迎えるフランスの回転寿司チェーン「Planet Sushi(プラネット・スシ)」。以前ポーチで取り上げた時からメニューを一新、なななんと「メキシコ寿司」や「ブラジル巻き」なんていうのもメニューに加わったらしいのです! ワールドカップを意識しての試みなのでしょうか? 実際の様子をレポートします。  訪れたのは土曜日のお昼の時間帯。家族連れやカップルがちらほら。カウンター席を陣取り、ド派手なショッキングピンク色をしたメニューに目を通してみると……! 「イタリア寿司」「メキシコ寿司」「ブラジル巻き」「マイアミ寿司」などなど、今期の新メニューは何とも国際色豊かなラインナップ。どれも日本人の感覚からすると、寿司とは似ても似つかないものばかり。 例えばイタリア寿司。モツァレラチーズに葉野菜のロケット、グリッシーニ、バジルで作ったペストソースを巻いたもの。海苔の代わりにブレサオラというイタリア産の牛肉で作った生ハムで巻いて、バジルとバルサミコ酢をトッピング。イタリアンの食材を無理矢理巻いてみた印象です。巻き寿司にする意味、あるのッ!?  イタリア寿司はある意味味が分かりやすそうなので、今回は見た目からは味の想像がつかない「メキシコ寿司」と「ブラジル巻き」などを試してみましたよ。 Mexican / メキシコ寿司 海苔の部分が黄色いことに驚き! 思い切って口に放り込むと、口中に広がるメキシカーンな風味。辛くてチーズの濃厚な味わいたっぷりです。これはウマイッ! メキシコ寿司は、チキンの天ぷら(とり天)とトマト、パプリカ、アボカドなどを巻き込み、チェダーチーズで巻いたもの。チーズの焦げ具合が素敵! 値段は6コで7.5ユーロ(約1040円)。 Makido Brazil / ブラジル巻き 写真とちがって見た目がショボいことにガッカリ。フルーツを巻き寿司にするなんてあり得ないッと思っていましたが、意外とマヨネーズ味のカニかまとの相性がよいのでビックリ! ブラジル巻きは、キウイとマンゴー、ポン酢マヨネーズで和えたカニかまを巻き、フライドオニオンで巻いたもの。値段は6コで7.9ユーロ(約1100円)。 Bento Sashimi / 刺身弁当 お弁当メニューも一新されていたため、「刺身弁当」を頼んでみました。写真ではオシャレ弁当という感じなのに、実際は酒の肴を盛り合わせただけのようにしか見えないんだけど……! 弁当の内容は、マグロとサーモンの刺身、枝豆、山くらげ風の海藻。これで14.9ユーロ(約2065円)は高いっ。 プラネット・スシのシャリは甘いため、果物やマヨネーズとの相性がよいのかも。個人的にはメキシコ寿司はアリなんじゃないかと思います。今期の寿司メニューは各国の食材とのコラボが目立ちますが、ワールドカップに合わせてリリース、というわけではないようです。ということは、いつでも新メニューが味わえちゃうってことですね! お店情報:Planet Sushi (Toulouse店) 52 Boulvard Lazare Carnot Toulouse Tel: 33 05 34 26 10 10 参照元:planetsushi.fr 撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch

もっと続きを読む