待望の2店舗目は グッと大人でムーディー

記事画像

肉割烹『金舌』の流れを汲むオシャレ焼肉の筆頭『Kintan』が、4月に待望の新店舗をオープン。これが六本木という場所柄、内装も明るく女性的な恵比寿店と比べてグッと大人でシック、まさにデートにうってつけなのである。バリエ豊富な個室もうまく使いたい。 肉質も恵比寿店よりランクアップされ、銘柄よりも、柔らかい雌牛であることがここのこだわり。イチオシは、A5ランクの雌牛赤身肉。ランプ、イチボ、トモサンカクなど、どの部位もほぼ炙るだけの絶妙な火の通りが旨さの鍵ゆえ、くれぐれも会話に気を取られて焼き過ぎることのないように。極上の雌牛の扱いは、女性のそれと似て極めてデリケートなのだ。 東京カレンダー2014年7月号(お店:六本木焼肉Kintan)

もっと続きを読む