ぷるんっとフルーティー?オレンジ&ホワイトのつややかな光沢がオイシそう!な空間

記事画像

1950年代にミッドセンチュリーモダン家具が続々と登場しました。陰で支えていたのは、素材の進歩。プラスチック素材の強化のためにゴム素材を混ぜたABS樹脂やガラス素材を混ぜたFRP樹脂。これらの素材がなければイームズのシェルチェアやサーリネンのチューリップチェアはこの世に生まれて来なかったのです。艶のある椅子の活躍ぶりを紹介します。 ※ABS樹脂(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン) ※FRP(Fiber Reinforced Plastics 繊維強化プラスチック)

もっと続きを読む