【iPhoneography】iPhoneのカメラでボケ味のある写真を撮るには:前編(撮影方法)

記事画像

みなさん、iPhoneographyライフを満喫されていますか? こんにちは、最近では銀塩一眼レフはほぼ眠ったままで、iPhoneography全開なみきしろです。 iPhoneography(アイフォノグラフィ)とは、iPhone+Photographyからできた造語。 iPhoneで撮影または加工した写真のことをさしています。 iPhoneのカメラはどんどんと性能がアップしており、わざわざデジカメを持ち歩かなくてもそこそこの写真を撮れてしまいます。 とはいえ、一眼デジカメなどに比べると圧倒的に弱い面もあります。 それが、『ボケ味の写真を撮る』性能なんですね。   ボケ味のある写真ってどんなもの? こちらの写真、手前の鳩にピントが合っていますが、背景はボケていてはっきりしませんね。これがいわゆるボケというもの。 際立たせたいものにだけピントを合わせて周囲を意図的にぼかすことで、何を伝えたいのかがはっきりします。つまり、ピンボケとは根本的に異なるものなんですね。 写真用語では、これを『被写界深度が浅い』状態と呼びます。 一方、iPhoneで撮った写真はたいていの場合、このように全体にピントが合っています。こちらは『被写界深度が深い』状態になります。 どちらが良い悪いではないのですが、iPhoneのカメラはハードウェアの性質上、どうしても被写界深度の浅い写真は苦手です。(逆に言えば、深い写真はとても得意) では、iPhoneのカメラでは絶対にボケ写真は撮れないのでしょうか? いえいえ、決してそんなことはありません。確かに苦手ではありますが、撮影方法を工夫したり、専用のアプリで加工することで、本格カメラで撮影したようなボケ味のある写真にすることができるんですよ☆   ググッと寄ってボケ味を出そう! iPhoneのカメラの場合、すべての撮影シーンにおいてボケ味を出せるわけではありません。 たとえば、こんな風に庭全体が写るように撮った場合、どうしても全体にピントが合ってしまいます。 ですが、ここでひと工夫! 取りたい対象に、思いきりググッと寄ってみましょう。 レンズとピントを合わせる対象物の距離が近くなると、このように背景がうまくボケてくれます♪ さあ、ググ~~~~~~っと!! いかがでしょうか? 記録写真として考えるなら全体にピントが合っている方がいいかもしれませんが。 「綺麗な花を撮りたい!」というような目的ならば、こうして寄って撮ってみるのもひとつの手ですよ☆ 後編では、アプリによる加工でボケ味を出す方法についてご紹介します。 【iPhoneography】iPhoneのカメラでボケ味のある写真を撮るには:前編(撮影方法) は iPhone女史 の記事です。

もっと続きを読む