温度や湿度、紫外線を測定・スマホ表示する“かわいい”ガジェット「CliMate」

記事画像

室内の気温や湿度を一定に保ちたいという人は少なくないのではないだろうか。肌の乾燥に気を使っている人、赤ちゃんやお年寄りと同居している人、植物を置いている人などは特に気を配っているだろう。 そうした温度や湿度などのデータを手元のスマートフォンでリアルタイムにチェックできるのが、このほど資金調達サイト「Kickstarter」に登場したガジェット「CliMate」だ。 ■バッグに取り付けも可能 同様のセンサーガジェットやアプリは他にもあるが、CliMateの売りは小型であることと、デザインの可愛らしさにある。フレームは雲の形をしていて3.9×3.1センチ、薄さ6.5ミリ。赤、黄色、白など6色が用意されている。 CliMateにはスタンドがついてくるので、棚の上などに置けるようになっている。また、スタンドを外して、外出時にバッグなどに取り付けることも可能だ。ユーザー自身で交換できるコイン型電池で作動し、約6カ月もつ。 CliMateが測定するのは温度(マイナス20度~65度まで対応)、湿度、そして紫外線の3つ。スマホとはBluetoothで連携し、測定したデータは専用アプリ(iOS、Android)に送られる。 ■高温アラートなどをプッシュ通知 アプリもセンサー同様にかわいいつくりで、データに応じて植木鉢の絵が変わる。紫外線が強い時にはサングラスをかけ、寒い時にはマフラーを巻き、湿度が高い時にはキノコが生えるといった具合だ。 また、アプリでは、条件を設定してアラートをプッシュ通知するようにもできる。なので、例えば赤ちゃんの部屋に置き、室温の上昇などをリアルタイムに把握するという使い方ができる。 Kickstarterでは現在、39ドル出せば入手可能となっている(米国外への発送はプラス10ドル)。キャンペーンは7月10日まで。 CliMate/Kickstarter

もっと続きを読む