【現地生レポート】眩しいほどに美しい、ニューヨークの「夏服を着た女たち」

記事画像

アーウィン・ショーの小説「夏服を着た女たち」ほど、NYの女性をよく描写しているものはないでしょう。 「僕はニューヨーク市のことを考えると、女の子がみんな街をねり歩いている光景を想像する。ユダヤ人やイタリア人、アイルランド人、ポーランド人、中国人、ドイツ人、黒人、スペイン人、ロシア人の女の子さ。 僕だけが特別にそうなのか、それともこの街のどの男も同じ感慨を胸に秘めて歩いているのか、それはわからないけれど、僕はこの街でピクニックでもしているような気分なんだ。 劇場で女たちの近くに座るのが、僕は好きだ。 支度をしてそれらしく思えるまでに6時間もかける有名な美女たちさ。 それから、フットボールの試合を見に来る、ほっぺたを赤くした若い女たち。 そして、陽気がよくなると、夏服を着た女たち」 (講談社文庫 アーウィン・ショー「夏服を着た女たち」より抜粋) 夏のNYの女性は、同性から見ても思わず見惚れてしまうほど魅力的。 夏には女性にばかり、視線が向かってしまうほど。 自尊心が強く、野心に溢れた彼女たちに、夏ほど似合うシーズンはありません。 夏を丸ごと身体全体で受け止めるのが、NYの女性の潔いところ。 思い切り良く肌を露出して、自信を持って、美しさをアピールしています。 しなやかに伸びた脚、 陽に焼けた肩、 眩しいような胸元を惜しげもなく晒して、夏を楽しむのです。 [All Photo by Hideyuki Tatebayashi]

もっと続きを読む