「普通のビールはちょっと飽きてきた」そんな女性にオススメの海外ビールTOP5

記事画像

<<画像付きでこの記事を読む これからの季節、職場の仲間とBBQの予定を立てている人もいるのでは? BBQの定番ドリンクといえば『アサヒ』や『キリン』などの国内メーカーの缶ビールだが、時には趣向を変えて、最近人気が高まっている海外ビールをお供にしてみてはいかがだろうか。 「日本のビールに比べて個性的な味が多く、ビンやラベルもおしゃれなので、グルメな女性に喜ばれます。グループで飲み比べをすれば盛り上がると思いますよ」 こう話すのは、世界中のビールに詳しいブロガーのタカバシさん。今回はビール好きな女性におすすめの海外ビールTOP5を教えてもらった。 第1位 『ブルームーン』(アメリカ) 「バナナや桃を思わせる甘い香りが特徴。原料に定番の大麦だけではなく小麦とオーツ麦を使用していることから苦みが少なく、女性にも自信をもってオススメできます。ビンやグラスのふちにオレンジを差して一緒に飲むと、さらに飲みやすくなります。去年から日本でも大々的に売り出しているので、手に入れやすいのもうれしいですね」 第2位 『ベルヴュー・クリーク』(ベルギー) 「製造過程で女性から人気の高いフルーツ、チェリーをプラスしています。すっきりとした甘酸っぱさで口当たりも軽いため、食前酒にも◎。日本では330ml缶や瓶で販売されていますが、グラスに注いで飲むと、ルビー色の美しい見た目も楽しめます」 第3位 『アンカーサマービール』(アメリカ)※夏季限定 「苦みが少なくドライな味わいが、夏の暑さでカラカラになった喉を気持ちよく潤してくれるでしょう。軽快な喉ごしで、女性の評判も非常に良いです。アルコール度数が少し低く、日の出ているうちからお酒を飲み始めたいときにはぴったり。毎年レシピが変わるので『ボジョレー・ヌーボー』のように、味の変化を追いかける楽しみもあります」 第4位 『PUNK IPA』(スコットランド) 「ビターなビールがお好みの方におすすめ。懐かしいラムネ菓子のような香りが利いていて、一度飲んだらクセになるはず。ビンのラベルデザインもポップでかわいく、女性向きです。昨年末には醸造所である『ブリュードッグ』の直営店が六本木にオープンし、注目されています」 第5位 『ストーン・ ルイネーション IPA』(アメリカ) 「『ルイネーション=破滅』の意味にふさわしく、ホップの苦みがとにかく強烈! でも、ただ苦いだけではなく、おいしさも抜群です。アメリカのビール評価サイトで99点を取るほど、味は折り紙つき。ホップの香りが好きな人にイチオシですね。口に含んだ瞬間の刺激が強いため、複数人でシェアすれば盛り上がること間違いなしです」   海外ビールを取り扱うお店は拡大中。『成城石井』などの輸入食料品店はもちろん、一般的なスーパーマーケットでも数種類は置かれている。紹介した他にもたくさん種類があるので、ラベルを見て気に入ったものを買ってみるのも楽しい。定番ビールにマンネリを感じているのなら、今年は珍しい海外ビールを片手に、いつもとは一味違うBBQを楽しんでみてはいかが?  【お話をいただいた方】 麦酒男・タカバシさん All About ビールガイド。1997年から地ビールを扱うビアステーション両国でアルバイト(約1年)、2001年から読売文化センターで「ビールをおいしく飲む講座」を受講(半年間)。2013年から All About で執筆を担当。2012年には、電子書籍『クラフトビールを飲みに行こう!』を執筆。最近はプリンセスホールド(お姫様抱っこ)・ダキバシとしても活動中 ■生ビールブログ http://draftbeer.jp/ ■乾杯おじさん http://ogsan.me/ 取材・文/石井瑞穂(アバンギャルド) 写真提供/タカバシさん <<画像付きでこの記事を読む

もっと続きを読む