な、なんじゃこりゃぁ~!? 大阪のカフェに “きつねうどん” を再現した「きつねうどんパン」が登場 / 甘い油揚げと関西風だしが決め手!

記事画像

大阪で人気の立ち食いそば店「阪急そば」と、ベーカリーカフェ「FREDS CAFE」がコラボした斬新な惣菜パンが誕生しました。「きつねうどん」と「カレーうどん」をパンで再現してしまったようなのですが……ほんまかいなぁ~! 6月15日から、「FREDS CAFE」梅田店、十三店など8店舗で、「きつねうどんパン」と「カレーうどんパン」の販売がスタートしました。「阪急そば」の人気メニューを再現したコラボパンとのことで、7月14日(月)までの期間限定。価格は各160円(税込)。 「きつねうどんパン」は、甘い油揚げと関西風だしが決め手のきつねうどんを、風味を損なわないように工夫してパンに。七味をかけるとさらにおいしくなるとか。「カレーうどんパン」は、30数種類のスパイスと関西風だしで仕上げたカレーだしをうどんに絡めて焼き上げたものだそうです。 「うどん県」こと香川県で、バラエティー豊かな “うどんメニュー” が販売されているのは有名ですよね。だけど、今回の「きつねうどんパン」と「カレーうどんパン」は、関西の首都・大阪から登場。関西風だしの「きつねうどん」と、ベーカリショップのパンを一度に味わえてお得!? 参照元:阪急阪神レストランズ 執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

もっと続きを読む