東京ディズニーランドの夜の新エンターテインメント「ワンス・アポン・ア・タイム」で物語の世界へ引き込まれてみませんか?

記事画像

東京ディズニーランドで、新しい夜のエンターテインメントが2014年5月29日から始まりました。シンデレラ城を舞台に、東京ディズニーリゾートのエンターテイメントプログラムとしては、初めて本格的なプロジェクションマッピングを取り入れたことで注目を集めています。 夜の新プログラム「ワンス・アポン・ア・タイム」は、プロジェクションマッピングを使い、『ふしぎの国のアリス』『シンデレラ』などの名シーンがシンデレラ城に映し出されます。 ショーは、シンデレラ城前の広場に設けられた中央鑑賞エリアで見ることができますが、コチラは座席指定の抽選制。 開園から各回開演時間の30分前まで、トゥモローランド・ホールで抽選が行われています(抽選は1日1グループにつき1回のみ)。 抽選に外れても、お城の前面が見えれば、中央鑑賞エリアの外側でも見ることができます。 大きな絵本のページがめくられるごとにディズニーの物語の名場面の数々が登場し、ショーは展開していきます。 最初に登場するのは『ふしぎの国のアリス』。 ふしぎの国に迷い込んだアリスが、ホワイトラビットを追いかけたり、逆にトランプの兵隊に追われたりと、目まぐるしく場面が切り替わります。 続く『塔の上のラプンツェル』では、一転してしっとりとしたムードに。 特に、夜空にいくつものランタンが昇っていく場面は幻想的で、ボートに乗ったラプンツェルとフリン・ライダーがロマンチックなムードを盛り上げてくれます。 もちろん『シンデレラ』の名場面も登場します。 フェアリーゴッドマザーの「ビビディ・バビディ・ブー」のかけ声によって魔法をかけられたシンデレラが、カボチャの馬車でお城へ。 プリンス・チャーミングと優雅に踊るダンスシーンに、思わずうっとりです。 ピーターパンがロンドンの夜空を飛び回ると、今度は愉快にダンスを踊る七人のこびととともに白雪姫が登場します。 最後に登場する物語が『美女と野獣』。 ベルとビーストの華麗なワルツにうっとりしていると場面は一変、ビーストとガストンの決闘シーンが繰り広げられます。 決闘の後、ビーストが人間に戻る感動のラストシーンは見逃せません。 まさに、ショーのハイライトといえます。 フィナーレには、これまで登場した物語以外のキャラクターも登場。 なかには、あの『アナと雪の女王』のエルサとオラフの姿も。 約20分間にわたるショーの最後には、盛大な音楽やレーザーなどとともに、花火が打ち上がり、感動のエンディングを迎えます。 スケール感と躍動感たっぷりのプロジェクションマッピング。新しいディニーランドの夜のお楽しみを、その目で体験してみてはいかがでしょうか。

もっと続きを読む