本命彼女になるためには自分の基準をしっかりと持つこと

記事画像

 自分なりの基準をきちんと持って行動するということは、本命彼女になるためには絶対に必要なことです。 主導権は女性が握って  いつも誰かに合わせて行動していたり、人の言うことばかりを聞いていたりという人は、恋愛関係においても彼の言いなりのようになってしまうことがあります。普段から自分で考えて自分で行動するということがあまりないので、自然とそのようになってしまうのです。彼に合わせて行動できる彼女は一見良い彼女のようにも感じられますが、実際には違います。彼にとって都合の良い女として扱われることになってしまうのです。  例えば付き合い始めるより先に体の関係を持ってしまうという人も中にはいますが、これは自分の基準をきちんと持っていないから起こります。そのような雰囲気になったとしても、きちんと基準を持っていれば「付き合っていないのだからダメ」と断ることができます。自分の基準が無いからなし崩し的に体の関係だけ持ってしまい、結局本命彼女から遠ざかってしまうのです。きちんと付き合うけじめをつけずにそうした関係になってしまうと、男性から本命として意識されることは絶対に無いのです。  また、付き合い始めてからでも、自分の行動は自分の基準で決めるべきです。彼に誘われると他に予定があったとしても彼を優先してしまうとか、休日は彼からの誘いが無かったとしても常に待機しているとか、そうした彼のために生きているかのような行動をしてしまうのはNGです。基本的に男性は女性を追うものです。付き合い始めてからであっても、自分の言うことをなんでも聞いてくれる女性に対してはだんだんと冷めていってしまいます。そのため、自分の予定ややりたいことを優先させるということも彼を惹きつけるためにはとても大切なのです。  自分なりの基準で行動するということは何もワガママを押し通せということではありません。そうではなくて貞節を守るということです。まだ彼氏彼女の関係ではないのに体の関係を持ってしまいそうな時にそれを断ることや、先に予定が入っていたので彼の誘いを断ることは、ワガママではありません。こうしたことを全て彼任せにしてしまった場合、貞節などということは全く考慮されなくなってしまいます。  恋愛関係において本命彼女になりたいのであれば、実はその主導権は女性が握っていなければいけません。そのため、付き合いたいという場合であっても、その提案が男性側からあってそれに女性が許しを与えるという形がベストです。こうして関係を作っていくようにするためには、女性は自分の基準を持って行動していかなければいけないのです。 Photo by Jon_Huang

もっと続きを読む