あなたの愛猫は大丈夫? 食事制限なしのゆとり飼育で「メタボ猫」が深刻化

記事画像

丸々と太ったデブ猫は見ていてかわいらしいもの。しかし実はぽっちゃりしているのではなく、メタボ猫なのかも――。飼い主の約半数が食事の量を制限せずに甘やかしている、いわば「ゆとり飼育」であることがアンケート調査により明らかになりました。 愛猫が太りすぎと認識しつつも甘やかしてしまう... 猫の飼い主400人を対象にしたアンケートによると、46.3%の人が食事の量を制限していないと回答。さらに「いつでも食べられる状態」にしている人は44%にも上ります。42.3%がおやつをあげているとも答えており、猫にとって食べたい放題の環境にしている飼い主が多いことが分かります。 その一方で愛猫の体型を「太りすぎ」または「やや太りすぎ」と考えている人は合計38.3%。3人に1人以上が愛猫をメタボであると認識しているようです。太ってしまった原因については、「運動不足」(68%)に次いで、「食べすぎ」(54.9%)を挙げています。 食べすぎによる肥満と認識していながら、どうして食事の量をコントロールしてあげられないのでしょうか。愛猫を甘やかしてしまうことがあるか聞くと、「頻繁にある」または「時々ある」は合わせて84.8%。さらに愛猫を幸せだと思っている人は88.8%にも上ります。こうしたことから、愛猫が喜んでいると自信を持つ人のケアが、結果として甘やかしてしまう「ゆとり飼育」になり、猫のメタボ化につながっているのかもしれません。 猫のメタボ対策、第一歩は? こうした状況を、白金高輪動物病院・中央アニマルクリニックの総院長である佐藤貴紀先生は「"かわいがる"と"甘やかす"という行為を間違って認識している方は多いのかもしれません」と指摘します。猫にも人間同様に1日に必要な摂取カロリーは決められており、「食事に困らない生活があるだけで幸せなのです」と言います。 また、愛猫が太っていると考える飼い主の内、60.8%が健康に影響を与えていると認識しながらも、35.3%の人が「特に何もしていない」と答えています。佐藤先生は「猫の肥満は非常に危険です」と警告。糖尿病や肝硬変、関節への負担などの病気やけがを招くとして、「寿命は短くなり死亡率を高める」と話します。また、猫は散歩などの運動が行えないため、1度肥満になるとダイエットが難しいことも指摘しています。 では、メタボの予防、対策はどうすればいいのでしょうか。「大事なことは栄養バランスを整えながらも、カロリーを抑えていくことが適正体重の維持につながります」(佐藤先生)。猫にとって太りやすい栄養素の炭水化物に配慮した、低炭水化物フードを取り入れるなど、食事から見直すことが第一歩になりそうです。 また、室内飼いが多い猫はどうしても運動不足になりがち。猫が好きな上下運動ができる構造の物を設置してあげたり、猫じゃらしやボールで遊んだりすることが効果的です。ただ、突然のダイエットはストレスがたまり、猫のやけ食いにもつながることがあるため、すこしずつ始めるのが効果的のよう。 適切に食事の量を管理し、十分なケアを行う"かわいがる"と、制限なく"甘やかす"ことは猫の健康にとって大きく違います。まずは食事の見直しから始めてみるのがいいかもしれません。 ※アンケート調査は、ネスレ日本のネスレ ピュリナ ペットケアが猫の飼い主400人を対象にインターネットで行ったもの。<東京バーゲンマニア>

もっと続きを読む