照れを恐れず気持ちを伝えることで本命彼女になる

記事画像

 気持ちを伝えるというのは恥ずかしいものです。特に好きという気持ちや感謝の気持ちなどは照れもあってなかなか伝えられません。 大事なのは彼を喜ばせること  しかし、本命彼女になりたいのであれば、照れたとしてもきちんと気持ちを伝えるということをしなければいけません。好きという気持ちを伝えられてイヤな気持ちになるということはありません。伝えられれば嬉しいというのは誰でも同じです。そしてそんな素振りを見せなかったとしても、男性は彼女から気持ちを伝えて欲しいものです。  しかし自分は伝えて欲しいと思っていたとしても、自分から彼女に好きと伝えるということはなかなかしないものです。自分は伝えて欲しいと思っていても、自分から伝えるのには恥かしい気持ちがありますし、伝えなくても分かっているだろうと考えている男性が多いのです。そこで本命彼女であれば、なんで好きと言ってくれないんだろうと悩むのではなく、自分から気持ちを伝えるようにします。そうすれば彼もそれに応えて気持ちを伝えてくれますし、何よりとても喜んでくれます。  常日頃から愛の言葉を囁きあわなければいけないというわけではありませんが、確かに自分はこう思っているんだよというのを伝えることはとても大切なことです。言わなくても分かるだろうと思って自分の気持ちを伝えていない人に限って、何で彼(彼女)は気持ちを伝えてくれないんだろうか?もう好きじゃなくなってしまったのだろうか?と思ってしまったりするものです。相手も自分と同じように考えているということがすっぽ抜けてしまっているのです。そのため、時には照れたとしても恥かしかったとしても、好きや感謝を伝えるということがとても大切なのです。  本命彼女であればこれから先もずっと長いことつきあうことになります。その長い年月の中で、言わなくても分かるだろうというのは禁物です。言わなくても分かる部分も確かにありますが、言葉にしてもらえることで自信につながっていきますし、何よりも嬉しい気持ちになれます。  本命彼女になりたいのであれば彼を喜ばせることが得意でなければいけません。好きという気持ちを伝えることは、すぐにできてしかも彼を喜ばせるのに最適な方法です。少し勇気が必要かもしれませんが、自分が伝えてもらいたいと思っているのであれば彼も必ず同じように思っているはずですので、思い切って気持ちを言葉にしてみましょう。照れくさいのはお互い様ですが、それで得られるものはとても大きいものです。 Photo by Juz.Andy (改変 gatag.net)

もっと続きを読む