男ゴコロにグッとささる!濃厚なめらか?カルボナーラ

記事画像

クリーム系パスタの一番人気!火加減に注意して彼もとろける仕上がりに♪ まだ見ぬ未来のだんなさまのために、おいしいものが作れるようになりたい!そんな健気な婚活女子のみなさん、こんにちは。 今日は、初登場、パスタレシピです(マカロニは除く)。 パスタ、いいですよね。パッと思い立って、サッとできる。 和風洋風中華風、肉、魚介、野菜……どんな食材にもなぜかピッタリマッチ。そのバリエーションの豊富さが、パスタが人を引きつけてやまない魅力のひとつなのかもしれません。いろんなチャレンジができて、新しい発見があって。それが、料理をより楽しくさせてくれるんだと思います。 しかーし。 パスタって、シンプルになればなるほど、難しい。 ゆで時間、塩加減、ソースとのタイミング……ぼんやりしていたらあっという間に、ぼってりボソボソまずくなってしまうという、まさに、時間との戦い。 そんな、料理の腕を試されるパスタメニューのツートップと言ったら「ペペロンチーノ」と「カルボナーラ」。 なかでも男性に好まれるのはやっぱり、こってり濃厚な「カルボナーラ」。確かに、お腹にたまるし、上手にできるととろけるようになめらかで、「こんなおいしいカルボナーラを作れるなら、今すぐ結婚してーーーーーー!」と思ってもおかしくないスペシャルメニュー。 とはいえ「火が入りすぎてボソボソになった」「卵がだまになった」という失敗談も数知れず、いきなり上手にできるメニューではありません。 そこで、彼をとろけさせちゃう愛情のように濃厚な「カルボナーラ」をプロのシェフに教えていただきました! 材料・調味料(2人分) 【カルボナーラ】 スパゲティ(1.9mm)……160g たっぷりのお湯に塩を入れ、茹で上げる(表示のー1分) パンツェッタ……50g 細かい拍子切り 白ワイン……30ml 卵……2個 室温にもどしておく 生クリーム(乳脂肪分35%)……30ml パルメザンチーズ……7g ペコリーノチーズ(なければパルメザン)……7g EVオリーブオイル……15ml 塩……少々 ◆仕上げ ├パルメザンチーズ……適量 └粗びき黒こしょう……適量 ◆パスタ用 ├お湯……3リットル └粗塩……30g(目安) 作り方(調理時間:約15分) 【STEP1】 深鍋にたっぷりの湯をわかし、粗塩を加えてスパゲッティをゆで始める。ゆでる時間は表示時間マイナス1分。 【STEP2】 フライパンを中弱火にかけてオイルを熱し、パンツェッタをカリカリに炒める。白ワインを加えてアルコールを飛ばして軽く煮詰めたら、パスタのゆで上がりを火を止めて待つ。

もっと続きを読む