[すごい]地上38階の高さに、鳥と一緒に泳げてしまいそうな空中プールが誕生するよ! 

記事画像

みなさん、高いところは好きですか? 周囲を一望出来る場所に行くと、意味もなくウキウキしてしまう人も多いはず。本日は、そんな高いところ好きの人にお勧めの、まさに鳥と一緒に泳げてしまいそうな空中プールをご紹介しちゃいます。 現在シンガポールのビシャン地区に建設中のSky Habitat(空中の住まい)は、地上38階建ての2棟のコンドミニアム。2棟の間には、14階、26階、38階にそれぞれ連絡通路が設けられ、そのうち38階の連絡通路がなんとプールになるのだとか。 このコンドミニアムの意匠設計を担当したのは、Safdie Architects(サフディ・アーキテクツ)。同じく空中プールがあるとして有名な、シンガポールのMarina Bay Sands(マリーナベイサンズ)を手がけたのと同じ設計事務所です。「高い場所にプール」という構想は、きっとサフディ氏の得意技なのですね。 既に有名なMarina Bay Sandsと現在建設中のSky Habitatの空中プールの決定的な違いは、なんといってもプールの下。Marina Bay Sandsのプールはホテルの屋上に設置されていて安心感がありますが、Sky Habitatのプールは下がスカスカの空なので、なんとも心もとなく……。想像しただけで胸がヒューっとなってしまいます。 空中プールだけでなく、コンドミニアム自体もゴージャス感たっぷりのSky Habitat。完成予定は2015年で、既に販売も開始されています。興味のある方は是非!! 参照元=GEEKOLOGIE 執筆=中野麦子(c)Pouch

もっと続きを読む