【癒し】全員合わせてはじめて「ひとつの家族」 / 誰が欠けてもだめなんだと思える家族のノスタルジックポートレート

記事画像

毎日の満員電車に嫌気がさして「もうやだ田舎暮らしする!」って思うとき、ありませんか? 動物をたくさん飼って、愛する旦那様と子どもたちに囲まれて野菜作るんだ! 夜はロウソクの灯りで刺繍したり……。なーんて、セミ1匹すらうまく対処できないのにカントリーサイドのタフな暮らしに憧れてしまう今日この頃。 そこで本日は海外サイト「Bored Panda」より田舎で仲睦まじく暮らす家族のノスタルジックなポートレートをご紹介いたします。あなたの都会疲れの癒しになりますように。 このポートレートを撮影したのはポーランドのフォトグラファーSebastian Luczywo氏。 ポーランドのとある田舎の村で暮らす家族の生き生きとした瞬間を映しています。白黒の写真って逆にリアル感が増すんですよね。白黒写真にすることによってより深みを出し、見ている人自身の感情に焦点を当てているんだそう。 モデルとして登場するのは奥様のAgnieszkaさん、息子のKrzystof 君11歳とJacek 君8歳。そして家族の一員である2匹のワンコRoka と Lord、子犬のCola、Grubcia、Kropka。ほかにもニワトリやブタやネコもひとつ屋根の下で仲良く暮らしています。 動物たちなどがまたいい味を出しているんです。ちょっぴりにやにやしちゃうおとぼけのエッセンスとしてうまく作品を引き締めています。指揮者のようなジェスチャーをしている弟のJacek 君が壁に張った紐の上にニワトリをのせ楽譜に模した作品、ニワトリから糸をつむいでいる作品もあり、ほんわかした気持ちになります。 「Bored Panda」のインタビューではLuczywo氏はこう話しています。「動物は大好き。僕の人生で重要な部分を担っている。彼らは最高の友達だし、自己中心的ではない。なにより献身的」と話すLuczywo氏は無類の動物好きなのでしょう。ある1枚では奥様が子犬を2匹抱きしめながら愛おしそうに目をつぶっている瞬間をとらえていて、その横で親犬が優しい眼差しで見守っています。写真から愛の温度が伝わってきました。 ほかにも、ガスマスクをつけたシュールな夫婦の作品や、部屋の中で口づけを交わす夫婦を窓の外で子どもが目をふさいでみないようにしているなんていう微笑ましい作品も。 「注意深く世界を観察する。誰かのクセや行動を見ているのは面白いよね。ひとりひとりに違ううところと特別なものがあると気づくんだ」とLuczywo氏「みんなちがってみんないい」という精神は世界共通なのかもしれませんね。 参照元:Bored Panda 執筆=黒猫葵 (c)Pouch

もっと続きを読む