約30分刻みで「道の駅」をめぐる?!『道の駅 制覇ツアー』に注目!

記事画像

「道の駅」といえば、ドライバーたちの休憩スポット。ソフトクリームや新鮮野菜、お土産など地元の特産品の販売をはじめとして、足湯や温泉などが併設されている場所もあります。道の駅は、もはや休憩所としての範疇を越えて楽しめる「観光スポット」と化しています。 そんな中、広島など中国地方の道の駅を全制覇できるというツアーがお目見えしました。ちょっとその内容を覗いてみましょう! のどかな豊平どんぐり村 (c)ひろしま観光ナビ 道の駅をめぐるツアーの驚異的な行程とは? 広島、岡山、山口、島根、鳥取の中国地方5県には「道の駅」が全部で94箇所あるそうです。このすべての道の駅を約半年かけて10回でめぐるスタンプラリーツアーが発売されました。遠方の場合は泊まりもあるのだとか。 例えば、第1回の内容は、広島駅を朝8時から出発し、道の駅「スパ羅漢」、来夢とごうち、豊平どんぐり村、舞ロードIC千代田、北の関宿安芸高田、湖畔の里福富、よがんす白竜の7箇所を各約30分ずつめぐるという充実の内容! 半ば強行プランとも思えるこの道の駅めぐりを短時間で集中的に楽しむためには、それぞれの楽しみどころをあらかじめチェックしておく準備が必要になりそうですね。 ご当地フードは当たり前!どんな楽しみがある? 道の駅「スパ羅漢」はその名の通り、天然温泉が併設されている場所。しかも物産館・産直市や食堂、カフェまであるという新しいタイプの道の駅です。 豊平どんぐり村では、豊平流そば打ち体験ができるほか、ご当地フード「田舎寿司」が食べられるなど道の駅ならではの楽しみ方ができそうな場所です。 地元野菜が手に入る! (c)道の駅「スパ羅漢」 ご当地フードとして、舞ロードIC千代田の、安芸高田市特産の古代米を使用した「縄文あいす」や、北の関宿安芸高田の、麺にウコンを練りこんだという活力の出そうな「ながいきラーメン」などがあります。 縄文あいす (c)21ひろしま県内製品愛用運動推進協議会 ながいきラーメン (c)4travel この道の駅制覇ツアーへ参加すると、特典として出雲そばや地元野菜をもらえます。さらに全10回すべてに参加すれば旅行券5,000円分がもらえるという、次の旅へとつながる配慮も嬉しいところです。 ちょっと忙しい行程になるかもしれませんが、恋人や友人とそれぞれの道の駅の特色に一興できるだけなく、何より道の駅を全制覇するというのは、エキサイティングポイントになりそうです。 [広島県 道の駅ガイドマップ]

もっと続きを読む