テックとファッションの融合!自然な撮影が可能なウェアラブルカメラ

記事画像

テクノロジー業界で「ウェアラブル」は最近のキーワードになっているが、このほど登場した「NewViewWear」は、名称にある通り“着るタイプ”の小型カメラだ。 というのも、専用のシャツやパーカーにカメラを“セット”すれば、用意されている穴から撮影ができるというもの。日常を自然な形で撮影したり、さかのぼって映像を保存したりすることができる。 カメラがどれくらい小型かというと、5×3.6センチ、厚さ1センチ。レンズは広角の100度で、マイクも内蔵している。 撮影するにはカメラを2回タップすると写真撮影、3回タップするとビデオを撮れる。アプリでも操作は可能だ。 撮影データはワイヤレスでスマートフォンのアプリに送信されるが、マイクロUSBケーブルでPCに取り込むこともできる。 主な撮影機能は以下の通り。 ・低速度写真撮影 ・自動低速度ビデオ撮影 ・ループ撮影(古いデータを消去しながら撮影する) 一方、用意された服は、ポロシャツ、フリース、パーカーの3種類。カメラを収めるポケットにはレンズがのぞく穴がある。服のスタイルやサイズ(S~XL)は選べる。 資金調達サイトIndiegogoでのキャンペーンでは服とカメラのセットが189ドル、カメラのみだと149ドルで入手できる。米国外への発送はプラス30ドルで対応する。 キャンペーン(6月30日まで)では資金を集めるとともに、どのタイプの服の需要があるのかも見極めることにしているが、スポーツウェアなど違ったタイプの服の追加も予定しているという。 NewViewWear/Indiegogo

もっと続きを読む